夢の車の創り方 車の電気の知識

簡易的なソーラー発電は今や知識なくても簡単に設置できる時代になりました!本格的ソーラー発電システムと比較しながらお伝えします!

こんばんわ!夫婦でvanlifeブログを運営しております「ミチトライフ( @michitolife)」です。

 

「車中泊」や「vanlife」そして「CAMP」をするときに電源の確保ってすごく難しいですよね。

でもパソコン、エアコン、扇風機を車内やCAMP場での夜間のライトなど、心置きなく電気を使いたいのはすべての人の願いでもあります。

 

そんなときに、ソーラー発電がどこででも出来れば解決できるのになぁ~っと思っている方は多いはずです!

 

今回の記事では、簡易的なソーラー発電システムは今や知識なくても簡単に設置できる時代になってきているので、それを解りやすく説明していきます。

そのために、本格的ソーラー発電システムと比較しながらお伝えしていきます。

 

車中泊・VANLIFE、そしてCAMPの際に知っておくと今後、役に立つと思いますよ!

 

本格的なソーラー発電システムの仕組み

まずは、本格的なソーラー発電システムの仕組みを簡単に解説していきます。

ただ実際に細かく説明するとめちゃくちゃ難しいので大事な要素だけ簡単にお伝えします。

 

本格的ソーラー発電システムに必要な機材

「車中泊」や「vanlife」の為に車に取り付ける本格的なソーラー発電システムの機材をまずは名称からご紹介していきます。機能は順に説明していきます。

 

  1. ソーラーパネル
  2. チャージコントローラー
  3. バッテリー
  4. DC-ACインバーター
  5. 接続するためのケーブル

 

まる
めっちゃ多いやん・・・

 

本格的だと多いねたしかに・・・
ゆう

 

太陽光発電システムの配線図

「車中泊」や「vanlife」の本格的なソーラー発電システムの配線図は上記の図になります。

ポイント

ソーラーパネル➡チャージコントローラー➡バッテリー➡DC-ACインバーター➡各電化製品

 

この順番に電気が送られていくわけです。

このすべての機材を全部つなげることによって本格的なソーラー発電システムはたくさんの電気を生み出すことが可能なのです。

 

では各機材を本格的ソーラー発電システムと簡易的ソーラー発電システムで比較して見ていきましょう!

最終的にはどちらがいいのか?までお伝えしていきます!

 

ソーラーパネルについて

ソーラーパネルとは太陽光を受けると発電するパネルになります。「車中泊」や「vanlife」で使用する場合には車の上に置くのが一般的です。

 

最近ではamazonなどでも気軽に買える太陽光パネルですが、様々な発電能力のものが出回っており、発電能力が大きくなればなるほどパネル自体がも大きくなり重くなります。

 

ポイント

この発電能力の単位は W(ワット) です。

 

ゆう
なんか聞いたことありますよね!?

 

一般家庭での平均の一日の電気使用量は3500W~4000Wぐらい使用されていると言われております。

もちろん「vanlife」「車中泊」「CAMP」の際に車で使用するのであればもっと少なくていいと思います。

 

ソーラーパネルに関しては昔は専門業者しか売ってなかったのですが、現在では少ないW数から本格的なW数までamazon・楽天・yahooで普通に買える時代になってきました。

 

 

なので、現在では「vanlife」「車中泊」「CAMP」される方は、初心者でなくてもソーラーパネルはネットで買う人がほとんどになってきています。

 

因みに、私が超おすすめする「ソーラーパネル」と「バッテリー」の組み合わせの記事はこちらになります。総額2万円以下でソーラー発電システムが完成してしまいます!必見です!

関連
2万円以下で出来る簡単ソーラー発電システムをご紹介!VANLIFE・車中泊・CAMPをするすべての人におすすめです!

続きを見る

 

 

チャージコントローラーについて

チャージコントローラーは、太陽光パネルとバッテリーの間に配線でつなぐ装置です。

どのような役割を担っているかと言うと、バッテリーへの充電電圧の制御や過充電の防止、またバッテリーの低電圧時の負荷遮断制御機能や逆流防止などになります。

 

まる
わからん・・・

 

そう、初心者の方がこれを聞いたところでわからないんです。でもわからなくて大丈夫です。

簡単に説明すると、

ポイント

チャージコントローラーは、太陽光パネルが生み出した電気をしっかりとバッテリーに蓄電させるための装置です!

 

ゆう
こう説明すると簡単ですね!

 

ではここから、本格的なソーラー発電システムと簡易的なソーラー発電システムのチャージコントローラーを見ていきましょう!

 

まず簡易的なソーラー発電システムの場合ですが、実は最近のバッテリーが超機能的で、「suaoki」というメーカーの、バッテリー【suaoki ポータブル電源 S270】やバッテリーsuaoki ポータブル電源 G500】は始めからチャージコントローラーが内臓されています。

 

suaoki ポータブル電源 S270 40540mAh/150Wh 家庭用蓄電池 三つの充電方法 AC(150W) DC(180W) USB出力 急速充電QC3.0 車中泊 キャンプ 釣り アウトドア 防災グッズ 地震 停電時に 二年間保証
SUAOKI

 

 

逆に、本格的なソーラー発電システムの場合は、チャージコントローラーはチャージコントローラー、バッテリーはバッテリーとひとつの装置でひとつの役割のものがほとんどになっています。

それは悪いことではなく、それだけ特化していると言えるので本格的なのです。

 

 

 

チャージコントローラーを購入する際の選ぶポイントや詳しい解説はこちらの記事になります。チャージコントローラーは、「vanlife」や「車中泊」「CAMP」での本格的なソーラー発電システムを構築する際に必要な装置なので是非読んでください!

 

関連
車の太陽光発電装置「チャージコントローラー」の詳しい解説と選び方!車中泊・VANLIFEする方は必読です!

続きを見る

 

 

バッテリーについて

先ほども出てきましたがバッテリーとは、ソーラーパネルで発電された電気を貯めておくための装置です!ソーラー発電システムには必須の機材になります。

 

 

バッテリーを買う際にいろいろな電気関連の単位に気を付けることが大切になってきます。

  • V(ボルト)
  • A(アンペア)
  • Ah(アンペアアワー)
  • Wh(ワットアワー)

などです。

 

まる
中学校の時に習った記憶が少し・・・

 

上記の数字がいろいろ出てくるのでバッテリーがすべての装置の中でも一番、説明が難しいです。

なので、バッテリーの数字の見方や選び方は別記事にて詳しくお伝えさせていただきます。

 

ここでは、本格的なソーラー発電システムのバッテリーと簡易的なソーラー発電システムのバッテリーとを比較していきます。

まず本格的なソーラー発電システムのバッテリーは、バッテリー以外の機能はほとんどない代わりに大量の電力を貯めることが可能です。

さらには、ドライヤーや電子レンジなど瞬間的に電力を必要とするアイテムまで使用できたりします。

 

しかしながら値段がめっちゃ高い!!

お値段 177120円(税込み)

からスタートで、もっと値段が高いものがたくさんあります。

 

 

注意ポイント

本格的なソーラー発電システムが自分で構築できるか分からないのにコストをかけることは、おすすめできません!

 

suaoki

次に、簡易的なソーラー発電システムのバッテリーでは、先ほどのチャージコントローラーや後で説明しますインバーターなども内臓しているものがほとんどです。

しかし、電力を貯めておける容量は少なく、ドライヤーなど瞬間的に電力を大量に消費するアイテムに関しては使えません。せいぜい、PCやスマホ、ドローンやカメラの充電などに使うのがやっとといったところでしょうか。

 

suaoki ポータブル電源 S270 40540mAh/150Wh 家庭用蓄電池 三つの充電方法 AC(150W) DC(180W) USB出力 急速充電QC3.0 車中泊 キャンプ 釣り アウトドア 防災グッズ 地震 停電時に 二年間保証
SUAOKI

 

 

DC-ACインバーターについて

DC-ACインバーターとは、一般的にはDC-ACは付けずに「インバーター」と呼ばれています。

DCとは交流、ACは直流を意味します。つまり、DC-ACインバーターは、交流を直流に変換する機器なんだと覚えて頂ければいいと思います。

 

ゆう
交流にすることで、「コンセント」が使えるようになるんです!

 

 

本格的なソーラー発電システムであれば、このDC-ACインバーターも当然必要になってくるのですが、簡易的なソーラー発電システムであれば、上記の画像を見て解るようにコンセントをさせる場所があります。

 

ゆう
やっぱり必要ないんですよね・・・

 

接続ケーブルについて

最後に接続ケーブルの内容になりますが、

  1. ソーラーパネル⇔チャージコントローラー
  2. チャージコントローラー⇔バッテリー
  3. バッテリー⇔インバーター

この3つをつなぐケーブルはすべて種類が変わります。

 

注意ポイント

本格的なソーラー発電システムを構築する場合は、この3つの接続ケーブルをしっかりと理解した上で選び接続する必要があります。このケーブルの選定を間違えると火災や爆発の危険がありますのでご注意ください。

 

簡易的なソーラー発電システムの場合のほとんどは、バッテリーにソーラーパネルとの接続ケーブルも付属で付いているのでわざわざ別途購入する必要がありません。

 

ゆう
接続ケーブルまで付属しているとは驚き!

 

結局、本格的なのと、簡易的どっちがいいの?

本格的なソーラー発電システムと簡易的なソーラー発電システム、どちらがいいの?ということですが、これは圧倒的に簡易的なソーラー発電システムです。

 

今や「チャージコントローラー」「DC-ACインバーター」「専用接続ケーブル」はすべて「バッテリー」を購入するとセットでついてきます。

たくさん勉強して、配線も業者にしっかりと聞いて、どのチャージコントローラーがいいのか?このDC-ACインバーターはしっかりと接続するのか?この接続ケーブルだとしっかりと電流が流れるのか?

など、すべて考える必要がありません。

 

技術の進化もどんどん進んでいき価格が年々、安くなっていってます。

また、ネットで気軽に買えることも便利ですし、保証も24ヶ月~36か月ついているので本当に安心できます。

 

正直、ほんとうに気軽にソーラー発電システムが誰でもできる時代になってきたんだなぁと思っています。

 

ソーラー発電はとてもECOで地球に優しい発電方法です。「vanlife」「車中泊」「CAMP」ユーザーすべての方に普及していくことを私たちは願っています。

以上、車にソーラー発電は今や知識なくても簡単に設置できる時代になりました!その理由をお伝えします。でした!

 

関連
2万円以下で出来る簡単ソーラー発電システムをご紹介!VANLIFE・車中泊・CAMPをするすべての人におすすめです!

続きを見る

関連
車の太陽光発電装置「チャージコントローラー」の詳しい解説と選び方!車中泊・VANLIFEする方は必読です!

続きを見る

関連
ポータブル電源のVとかAとか数値の見方が解らないという方、圧倒的、解りやすくお伝えします!

続きを見る

関連
【G1200】爆誕!「suaoki(スアオキ)」のポータブルバッテリーの中でも一番の大容量!快適に車中泊・キャンプができ、さらに防災面にも役に立つ!?

続きを見る

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
ゆう

ゆう

バンライフとキャンプを愛する夫婦【ミチトライフ】の夫「ゆう」です。 趣味は筋トレ。ビール大好きのアラフォーです。 ブラック企業で鬱になりかけ退職。その後スポーツインストラクターを経て、海外へ留学。帰国後会社員になりました。 道なき未知に挑戦するために夫婦でバンライフを開始し、リモートワークを実現するために日々勉強中。どうぞよろしくお願いいたします。

よく読まれている記事

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10

-夢の車の創り方, 車の電気の知識

Copyright© ミチトライフ , 2020 All Rights Reserved.