車中泊用品 車中泊&キャンプ用品

【PS5B】レビュー!suaoki(スオアキ)の中でもコスパ最高ポータブルバッテリーは車中泊、キャンプ、そして防災に必須だった!

こんにちは!夫(ゆうすけ)・妻(ちあき)と、トヨタハイエースで全国を移動する生活、通称「VANLIFE(バンライフ)」という生き方を実践しつつ、CAMP(キャンプ)を楽しむ夫婦、「ミチトライフ( @michitolife)」です。

 

今回は、最近「車中泊&バンライフ」用に購入しました、「suoaki(スオアキ)」のポータブルバッテリーPS5Bを紹介したいと思います。

 

  • 車中泊用のポータブルバッテリーをどれを買おうか迷っている
  • PS5B】を何故えらんだのか?
  • suoaki(スオアキ)の他のポータブルバッテリーとどう違うの?

 

など、車中泊やバンライフを楽しみたい方が、そして防災に対して購入予定の方の為のポータブルバッテリーを選ぶ際のポイントを中心にご紹介していきます。

 

まる
私たちも買う時めちゃめちゃ迷いました!

 

なので悩みポイントが解りますので是非、参考にしてみてください!
ゆう

 

 

 

suoaki(スオアキ)のポータブルバッテリー【PS5B】のレビュー&スペック詳細

「suoaki(スオアキ)」のポータブルバッテリーPS5Bとは、2016年に発売されて以来、今も人気のあるポータブルバッテリーのベストセラー商品です。

 

もう3年も前の商品なので、時代遅れ?と思われるかもしれませんが、実はどんどん進化しており、一番初めに発売されたときよりも性能が段違いなんです。

他のPS5Bのブログ記事を見ていても今と数値などが変わっているので、現状一番新しい数値で記載していきますので是非、参考にしてください!

 

待ちに待った、ミチトライフにも「suoaki(スアオキ)」のポータブルバッテリーPS5Bがやってきました。

箱は精密機械が入っているので厳重な造りになっているのでさすがの「suoaki(スアオキ)」だなと思いました。

 

ゆう
いざ開封!

 

中身は、もちろんPS5Bと、なにやら茶色の箱が3つ、「THANK YOU カード」、取扱説明書が入っていました。

 

茶色の箱も開封すると、様々な配線が入っております!

 

ゆう
「THANK YOU カード」には、「suoaki(スオアキ)」のPS5Bを選んでくれてありがとう!サポートしまっせ!ということが書かれています!

 

因みに、保証は2年間あるので最高ですよね!

スポンサーリンク

 

日本語での説明書もしっかり付属されているので安心です!

 

体重計で測ると5.4kgだったが、公式の発表では5.6kg。

ほとんど差がないので問題はありませんが、片手で持つとけっこうずっしり重く、これ以上重いと持ち運びは不便に感じるレベルです。

【PS5B】の本体サイズは 230mm(L)x 140mm(W)x 230mm(H)です!

 

重く感じるのは、取っ手の部分が少し小さいからという理由もあると思うんです。

 

ではまず、付属のコンセントとつなぐアダプターから見ていきます。ACアダプタ充電器(14V~40V)。

 

PS5Bは、コンセントにさして実際に充電する際に、「ADAPTER」と書いてある場所に差し込むといいので、解りやすいです!

バッテリーの容量は「400Wh / 120000mAh」


リチウムイオンで、充電:0~45℃ 放電:-10~60℃ 湿度:10%~90%とほぼ全環境可で使用可能です。

 

家庭のコンセントにさして充電すると、52Wと表示があるので、400W / 52W =7.6、つまり7時間40分ほどで理論上、充電がフルになる容量になります。

 

ゆう
一晩、寝ている間にフルになります!

 

 

次は「ソーラーパネル」との接続の際に必要なケーブルになります。

 

「ソーラーパネル」と接続なんて難しくてできません!

と思われる方も多いかもしれませんが、「suaoki(スオアキ)」のPS5Bは直観的にわかるよう色分けされてていて、すごく分かりやすくなっています!

 

まる
ソーラーパネルとつなぐ線も見ればすぐわかる程カンタンでした!

使用可能なソーラーパネルは「suoaki(スオアキ)ソーラーパネル」の50W/60W/100W/150Wになります。

 

この写真で写っているのは私たちが購入した、「suoaki(スオアキ)ソーラーパネル 100W」になります。

 

ゆう
100Wぐらいが発電量が大きくてなんとか持ち運びできるサイズかなと買いました!

 

 

この夏、40℃に到達したときの新潟県で「suoaki(スオアキ)ソーラーパネル 100W」で充電した画像です。

 

ゆう
この時は、暑すぎてやばかった!!!

 

ゆう
40℃はいかなくとも、夏場の熱い時は60Wほど充電できるのでソーラーパネルおそるべしですよ!

 

スポンサーリンク

次はPS5Bを車が走っているときに充電できる、付属の「ACカーインバーター」の紹介になります。

やはり、ソーラーパネルの充電だけだと天気に左右されてしまいますので、カーインバーターは必須です!

 

こちらもすぐわかる差込口!

 

ちなみに私たちは「ACカーインバーター」を別途購入しておりまして、車の運転席の横に置いておくとたくさん充電できます。

LST 200Wカーインバーター コンバーター 車載充電器 DC12VをAC100Vに交換 USB給電4口 AC100V電源2口 修正正弦波 シガーライターソケット コンパクト&シンプル (ブラック)
LeicesterCN

 

まる
運転席付近にPS5Bを置いておくとさすがに邪魔だね・・

 

そうだよね。カーインバーターは買ってよかった!
ゆう

 

 

あとも様々な機能がPS5Bにはあり、もちろんUSBも4口差し込めるので、スマホなども十分に差し込むことが出来ます。

 

「ジャンプスターター」まで付属でついています!!

 

こちらも直観的にわかる構造なので、もしもの車のバッテリーあがりにも対応できちゃうんです!

 

もちろんコンセントの差込口2個ついてて最高!

 

 

スポンサーリンク

 

PS5Bを選んだ理由

ここまで、PS5Bの本体をくまなくお伝えしていきました。

最近のポータブルバッテリーは他社も含めて上記の機能はすべて備えているものがほとんどです。

 

ではなぜ。私たちが数あるポータブルバッテリーの中でも「suaoki(スアオキ)」の、そしてPS5Bを選んだのか?

3点ほどポイントがありますので是非、これからどのポータブルバッテリーを買おうか迷っている方の参考になればと思います。

 

 

1.配線などの接続が直観的にわかる

まず1つ目の理由としまして、「suoaki(スオアキ)」の【PS5B】の配線などが素人でも簡単にできることです!

 

今までのポータブルバッテリーは設置方法や配線が素人では難しいものでした。

しかし、最近のアウトドアブームと防災に対しての意識の高まりか、ポータブルバッテリーの需要が高まっており、誰でも設置が簡単にできるなつくりになってきています。

上記の写真からも解るように、素人では接続が難しい線などは、ちゃんと色分けして接続するところが決まっているので間違えて故障してしまうリスクも低いのです。

 

2.「suaoki(スオアキ)」のソーラーパネルとの専用コード

2つ目に、PS5Bを買うと、「suoaki(スオアキ)」のソーラーパネルと設置できるコードが標準装備しています。

また、「suoaki(スオアキ)ソーラーパネル 100W」にも、PS5Bを接続できる専用コードが標準装備なんです!

つまり、知識がなくてもくっつけるだけで、ソーラー発電システムが完成してしまうんです!

 

ゆう
これはかなり魅力的でした!

 

他社製品のソーラーパネルだと、接続が合わなかったり、コードを別途購入となれば間違える可能性もあるので「suoaki(スオアキ)」で合わせておくことでそのリスクを避けることが出来ますよ!

 

 

3.価格が安い!

「suaoki(スアオキ)」のPS5Bは「suaoki(スアオキ)」のポータブルバッテリーや他社のポータブルバッテリーよりも価格が安いことが3つ目の理由になります。

 

どうやって価格を比べるの?

と思うかもしれませんが、それは、1Whのコストです。

例えばPS5Bであれば定価39800円でバッテリー容量が400Whなので、

39800 ÷ 400 = 99.5

つまり1Whのコストが99.5円になります。

 

他の商品とグラフでわけて記載しますので参考にしてみてください!

 価格Wh1Whのコスト
suaoki PS5B3980040099.5
suaoki S27013880100138.8
suaoki G50059880500119.7
LACITA54800444123.4
anker PowerHouse49800434114.7

 

ポイント

因みに、私たちはamazonタイムセールの時に購入しましたので、価格が29850円で、1Whのコストが74.6円まで下がってます!

 

「suaoki(スアオキ)」の他の商品もタイムセール時に安くなりますし、他社の商品も安くなるのですが、PS5Bは昔から販売されている商品なので値引き率が高いのです。

 

ゆう
結果、タイムセール時の1Whのコストは圧倒的に【PS5B】がお得です!

 

 

4.見た目のカスタマイズ可能

このPS5Bのシンプルさ、いいですよね!

しかし、シンプル故に見た目のカスタマイズも可能なんです!

 

インスタグラムでのPS5Bのカスタマイズがこちら!

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ひよしゅんしゅんさん(@hiyoshun2)がシェアした投稿 -

 

まる
めちゃめちゃ可愛くなった!

 

いいよね~~
ゆう

 

カスタマイズならPS5Bじゃなくてもできるんじゃないと思った方、例えばG500の見た目はこんなのです。

 

まる
これはなかなかカスタマイズ難しい!!

 

そう!他のポータブルバッテリーを見ていてもなかなかカスタマイズできるのって少ないんです。

もしカスタマイズしてみたいと思う方はPS5Bがおすすめです!

 

 

【PS5B】のミチトライフまとめ

PS5Bのおすすめポイント

  • 車中泊やCAMPにおすすめ
  • 防災にもおすすめ
  • 重さが5kg代なのでぎりぎり持ち運べる
  • コードが色分けされており誰でも接続可能
  • ソーラーパネルとも接続簡単
  • 価格が安い!
  • カスタマイズ可能

 

如何でしたでしょうか?

 

PS5Bがロングセラーな理由が解りますよね!

今後、車中泊やCAMP、それだけでなく防災の観点からも注目されているポータブルバッテリー。

一家に一台の時代はもうやってきています!

 

以上、PS5Bレビュー!ミチトライフのポータブルバッテリーはこれに決めました! suaoki(スオアキ)の中でもコスパ最高!の記事でした。

 

 

 

その他ポータブルバッテリー関連の記事はこちら!

1000Wh
【1000Wh以上】の超絶大容量ポータブルバッテリーを徹底比較!2020年の高性能なのは?コスパがいいのは?現在、売れ筋の5商品を比較検証しました!!

続きを見る

EFDELTA
【EFDELTA(イーエフデルタ)】を購入したので、この次世代スーパーポータブル電源を検証してみました。

続きを見る

ソーラー発電
簡易的なソーラー発電は今や知識なくても簡単に設置できる時代になりました!本格的ソーラー発電システムと比較しながらお伝えします!

続きを見る

V A
ポータブル電源のVとかAとか数値の見方が解らないという方、圧倒的、解りやすくお伝えします!

続きを見る

G1200
【G1200】爆誕!「suaoki(スアオキ)」のポータブルバッテリーの中でも一番の大容量!快適に車中泊・キャンプができ、さらに防災面にも役に立つ!?

続きを見る

 

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
ゆう

ゆう

バンライフとキャンプを愛する夫婦【ミチトライフ】の夫「ゆう」です。 趣味は筋トレ。ビール大好きのアラフォーです。 ブラック企業で鬱になりかけ退職。その後スポーツインストラクターを経て、海外へ留学。帰国後会社員になりました。 道なき未知に挑戦するために夫婦でバンライフを開始し、リモートワークを実現するために日々勉強中。どうぞよろしくお願いいたします。

よく読まれている記事

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10

-車中泊用品, 車中泊&キャンプ用品
-

Copyright© ミチトライフ , 2020 All Rights Reserved.