車中泊用品 車中泊&キャンプ用品

【G1000】は「suaoki(スアオキ)」史上最強のポータブルバッテリー!キャンプや車中泊、そして防災用におすすめ!!

こんにちは!夫(ゆう)・妻(まる)と、トヨタハイエース(サニイ)で全国を移動する生活、通称「VANLIFE(バンライフ)」という生き方を実践しつつ、車中泊とキャンプを楽しむ夫婦、「ミチトライフ( @michitolife)」です。

 

今回の記事の【G1000】は「suaoki(スアオキ)」の中では最強の性能を誇るポータブルバッテリーです。

  • 【G1000】ってどんなポータブルバッテリー?
  • 【G1000】は車中泊にはどうなのか?
  • 【G1000】はキャンプにはどうなのか?
  • 【G1000】は災害時にはどうなのか?

と車中泊やキャンプはもちろん、防災面に適しているのか?また価格は適正なのか?を検証していきます。

 

ゆう
私たちも「suaoki(スアオキ)」のポータブルバッテリーを愛用しています!!

 

ほぼ冬場は毎日、使っているので助かっているよね!!
まる

 

ゆう
うんうん

 

ココに注意

当ブログでは玄人(くろうと)しかわからない情報などは極力記載せず、初めて買う方やある程度知識のある方がポータブルバッテリーを購入される際の参考になる情報を主に載せております。

「suaoki(スアオキ)」【G1000】のセット内容

まずは【G1000】のセット内容のご紹介です。

 

  • suaoki G1000 ポータブル電源
  • 取扱説明書
  • ACアダプター(ケーブル付き)
  • ソーラー充電ケーブル
  • シガーソケット
  • USB-Type-Cケーブル
  • AC電源コード

がセット内容になります。

ココがポイント

保証期間は24ヶ月」です。
(楽天での購入の場合はレビュー必須です)

 

ゆう
USB-Type-Cケーブル付属はGOOD!

 

「suaoki(スアオキ)」【G1000】の電気容量

次に、電気容量「Wh(ワットアワー)」という数値を見ていきます。

 

Whとは電気をためておける器の大きさと考えていただければ解りやすく、その器が(数値が)大きければ大きいほどたくさんの電気をため込むことができるので長い時間、電気を使用することができます。

 

ゆう
購入する際にかなり大事な数値になりますよ!

 

【G1000】の電池容量は「1182.72Wh」です。

 

ではこの「約1200Wh」はどれぐらいすごいのか?

電化製品を使用した時にどれぐらい使えるのか数字で見ていきましょう!

ココがおすすめ

  • iPhone X 79回以上
  • MacBook Pro 20回以上
  • ランタン(24W) 約25時間以上
  • 電気毛布 2晩~3晩
  • 電子レンジ(550W) 1.5時間

ほど使える容量になりますので、車中泊やキャンプは快適に、防災時などは余裕をもてる容量になります。

 

ゆう
流石の超大容量!凄まじい。

 

「suaoki(スオアキ)」【G1000】の出力値と出力方法

まず【G1000】の出力や出力方法などを詳しくみていきます!

 

AC出力値

AC出力値とは、【G1000】にコンセントを差し込んで電力を使う際にどんな電気が流れてくるの値になります。

  • 電圧 110V
  • 周波数 50Hz 60Hz 切替可能
  • 正弦波
  • 定格出力 1000W
  • 4口

 

ここで注目すべきは、「正弦波」です。

「正弦波」の説明は詳しく別記事にて紹介しますが、簡単に述べると、「家庭でコンセントを使ったときと同じ電力が流れる」と覚えておいてください。

つまり、様々な電化製品に使用することが可能になります。

 

例えば、「電気毛布」など熱を発生させる電化製品などは「正弦波」でないと作動しません。

逆に「修正弦波」と書かれているポータブルバッテリーでは使えないことも覚えておいて欲しいです。

 

次にドライヤーや電子レンジなど大量に電力を必要とする電化製品を使う為に目安のなる「定格出力」を例を出してグラフにしました。

G1000電子レンジIHクッキングヒータードライヤー
中(電子レンジは500W)
強(電子レンジは600W)××

 

ゆう
電子レンジの500Wは難なく動きますので、車中泊やキャンプの時にはかなり役に立ってくれますよ!!

 

AC出力方法

 

  • USB-A  2口
  • USB-A  (QC3.0 18W) 2口
  • USB-C  (60W PD3.0対応) 1口

ココがおすすめ

スマホやランタンなどを充電する際に使用するUSB-A急速が2口、

さらにMacやiPadなどを充電する際に使用するUSB-C急速があるのは時代に合っています!!

 

DC出力

  • 12V / 10A 120W
  • 外径:5.5mm 内径:2.1mm
  • 2口

カメラなどの電化製品を充電する際に使用するDC出力も備えています。

 

「suaoki(スオアキ)」【G1000】の入力規格・入力値

次に「suaoki(スアオキ)」【G1000】の充電の入力規格・入力値をみていきましょう!

 

コンセント充電

【G1000】は主にコンセントで充電します。

しかし、今までのsuaokiのポータブル電源とは違って「ACアダプター」を使いません。

ココがおすすめ

実はACアダプターがないと、2つほど「いい点」があります。

  • ACアダプターは比較的大きく重く邪魔である。
  • ACアダプターは50℃以上になることがあり安全ではない。

この2点より、ACアダプターがないポータブルバッテリーを推奨しております!

 

またコンセントで充電する場合は、「約10時間」でフル充電になります。

 

ゆう
今回の【G1000】の充電時や発電時のファンの音はかなり静かです!!

 

おぉ!!車内や避難所などでも静かに使用できるので、かなりのおすすめポイントだね!
まる

 

ゆう
ファンがうるさいと気になるもんね〜

 

シガーソケット充電

車中泊でなくてはならない充電方法、シガーソケットも備えています。

  • 12V車で10A
  • 24V車で5A

約13時間で充電がフルになります。

 

ゆう
ほぼどんな車でも充電できるのがとてもいい感じです!!

 

ソーラーパネル充電

最後はソーラーパネルでの充電の内容です。

  • 最大500W
  • MPPT(最大電力点追従機能)方式

最大500Wまでソーラーパネルの使用が可能です。

 

ゆう
この数値は他社のポータブルバッテリーを上回っています!

 

さらに、「suaoki(スアオキ)」のソーラーパネルとの接続の際には付属している配線が使用可能ですので、別途購入の必要がないのもいい感じです!

「suaoki(スアオキ)」のソーラーパネルはこちらから!

「suaoki(スアオキ)」【 G1000】のディスプレイ

【G1000】は液晶ディスプレイが新仕様になり、過去モデルの【PS5B】から【G1200】まで液晶ディスプレイにほとんど変化がありませんでした。

 

ゆう
今回の【G1000】の力のいれようが解りますね!

 

ココに注意

しかし、充電時の入力値や、電気使用時の出力値が以前はあったものの、今回は採用されておりません。

つまり、

  • あと何時間で充電終わるのだろうか?
  • どれぐらい電力をこの電化製品は消費しているのか?

これが分からなくて困ります・・・今後、アップグレードして欲しいです!!

「suaoki(スアオキ)」【 G1000】の大きさと重さ

ポータブルバッテリーを買う上で大事な要素は大きさと重さです。

持ち運びできるのか?できないのか?ポータブルバッテリーを買う際に大きく決め手となる要素です。

【G1000】の大きさと重さの詳細。

品番大きさ重さ持ち運び可否
【G1000】345mm(L)
350mm(W)
315mm(H)
23kg不可能

 

ココに注意

取手の部分が持ちやすいとはいえ、23kgはやはり重いです。

今後、何かしらの変化を期待します!!!

 

「suaoki(スアオキ)」【 G1000】の価格

さて、ここまで長く記載していきましたが、最後に最も大事な要素の一つ、価格です。

 

【G1000】 の販売価格 179880円です。

 

価格が高いのか安いのかは「1Whのコスト」をみると分かってきます!

例えば【G1000】であれば176800円でバッテリー容量が1200Whなので、

176800 ÷ 1182 = 152.1

つまり1Whのコストが152.1円になります。

 

では「suaoki(スアオキ)」のポータブルバッテリーと比べて記載していますのでご覧ください。

品名価格Wh1Whのコスト
S1701080074.88144.2
S881098888.8124.9
S2701328015088.5
S6011980022289.2
S37038880322.56120.5
PS5B41980400104.9
G50059880500119.8
G10001798801182.7152.1
G12001698801200141.6

※全て税込み価格

 

価格の面で同じ「suaoki」のポータブルバッテリーの中でも割高になります。

 

ではなぜ大きさも重さも大きく、価格も高いのでしょうか?

探っていきましょう!

 

「suaoki」【G1000】はUPS(無停電電源装置)機能付

まず「suaoki」【G1000】の最大の特徴として、

  • パススルー
  • UPS
  • 10年使える

この点が他のポータブルバッテリーとは違うところです。

 

 

パススルー

パススルーとは「充電しながら給電できる機能」のことをいいます。

バッテリーに負担がかかるので採用しているポータブルバッテリーはかなり少ないです。

実際にポータブルバッテリーを使っているとこのパススルーがあると助かる場面が多くありますよ!!

 

ゆう
意外なことに「suaoki」では【G1000】が初めて!

 

UPS

さらに「UPS(Uninterruptible Power Supply:無停電電源装置)機能」がついております!

 

まる
「UPS」ってなんなの?!

 

ゆう
「UPS」とは停電を検知したらすぐに(0.01秒以内)「suaoki」【G1000】が電気を供給してくれる機能のこと!

 

UPSが必要な時

  • 人がすぐ入ることのできない場所や無人運用しなければならない場所にあるテレメータ装置
  • 防災無線機
  • 構内放送設備
  • ビジネスホンなどの交換機
  • インターネットの中継機や簡易ルーターといった機器の標準内蔵電池では対応できない長時間にわたる電源バックアップ
  • 計画停電やピークシフト対策

 

などなど、いろいろな場面で「UPS」が活躍してくれます。

とくに台風や地震などでの停電時に瞬時に電力の供給をしてくれることはとても魅力的です!

 

ゆう
防災面で「UPS」は助かりますね!

 

10年使える

また10年間使える構造になっており、充放電のサイクル、つまり何回ぐらい使えるのかという回数は驚異の「3000回」というのもポイントになります!

 

「suaoki(スアオキ)」【G1000】のまとめ

「suaoki」【G1000】ポイントまとめ

  • G500の進化版
  • 電池容量約1200Wh
  • 充電はACアダプターではなくコンセント
  • ソーラーパネルが500Wまで可能
  • 大きく重い
  • 価格は176800円
  • 充電しながら供給可能
  • USP搭載
  • 3000回使える

 

如何でしたでしょうか?

「suaoki」の【G1000】はたしかに「suaoki(スアオキ)」史上最高のポータブルバッテリーであることは間違いないようです。

安心のsuaokiの超大容量ポータブルバッテリーを使用して車中泊やキャンプを楽しんでください。

そして10年使えることから防災時にも常備しておくとかなり役に立ちますよ!

 

以上、【G1000】は「suaoki(スアオキ)」史上最強のポータブルバッテリー!キャンプや車中泊、そして防災用におすすめ!!の記事でした。

その他の「suaoki」の製品の記事になります。合わせてお読みください。

S170
【S170】は「suaoki(スアオキ)」の飛行機内に持ち込めるポータブルバッテリー!「コンセント」と「USB-C60W」付きなのでビジネスや出張の際におすすめです!

続きを見る

S88
【S88】は「suaoki(スアオキ)」のポータブルバッテリーで、飛行機内に持ち込めるコンパクトでありながら「コンセント」も使えるおすすめなモデル!

続きを見る

S270
【S270】は「suoaki(スアオキ)」のポータブルバッテリーを初めて買う方に「安くて」おすすめです。2万円以下で「ソーラーパネル」まで揃いますよ!

続きを見る

S601
【S601】は「suaoki(スアオキ)」のポータブルバッテリーの中でも「コスパ」がよくて高性能!正弦波なのもおすすめです!

続きを見る

PS5B
【PS5B】レビュー!suaoki(スオアキ)の中でもコスパ最高ポータブルバッテリーは車中泊、キャンプ、そして防災におすすめだった!

続きを見る

G500
【G500】は「suaoki(スアオキ)」の大人気ポータブルバッテリー!電気容量500Whで車中泊やキャンプ、さらには防災用におすすめ!

続きを見る

G1200
【G1200】は「suaoki(スアオキ)」のポータブルバッテリーの中でも一番の大容量!快適に車中泊・キャンプができ、さらに防災面にも役に立ちます!

続きを見る

 

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
ゆう

ゆう

バンライフとキャンプを愛する夫婦【ミチトライフ】の夫「ゆう」です。 趣味は筋トレ。ビール大好きのアラフォーです。 ブラック企業で鬱になりかけ退職。その後スポーツインストラクターを経て、海外へ留学。帰国後会社員になりました。 道なき未知に挑戦するために夫婦でバンライフを開始し、リモートワークを実現するために日々勉強中。どうぞよろしくお願いいたします。

よく読まれている記事

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10

-車中泊用品, 車中泊&キャンプ用品
-,

Copyright© ミチトライフ~VANLIFEと車中泊のブログ~ , 2020 All Rights Reserved.