車中泊用品 車中泊&キャンプ用品

【S370】をレビュー!「suaoki」の中でもデザイン性が抜群で、さらに急速充電がおすすめのポータブルバッテリーです!

こんにちは!夫(ゆう)・妻(まる)と、トヨタハイエース(サニイ)で全国を移動する生活、通称「VANLIFE(バンライフ)」という生き方を実践しつつ、車中泊とキャンプを楽しむ夫婦、「ミチトライフ( @michitolife)」です。

 

今回は2019年末に販売された「suaoki(スアオキ)」のポータブルバッテリー【S370】のレビュー記事になります。

  • 【S370】ってどんなポータブルバッテリー?
  • 【S370】は車中泊・アウトドアに使えるの?
  • 【S370】は台風なども防災に役にたつの?
  • 【S370】の価格は適正なの?

と車中泊やキャンプはもちろん、防災面に適しているのか?また価格は適正なのか?を検証していきます。

 

ゆう
S370はコンパクトなのに軽いのがいいよね!!

 

で、あんたは何個ポータブルバッテリーを買うつもりだい?
まる

 

ゆう
・・・・

 

ココに注意

当ブログでは玄人(くろうと)しかわからない情報などは極力記載せず、初めて買う方やある程度知識のある方がポータブルバッテリーを購入される際の参考になる情報を主に載せております。

「suaoki(スアオキ)」【S370】のセット内容

まずは【S370】のセット内容から見ていきましょう!

  • suaokiポータブル電源 S370
  • ACアダプター
  • 車充電器(DC-シガーソケット)
  • ソーラー入力用ケーブル
  • 多言語取扱説明書
  • 感謝カード
  • USB-C to USB-Cケーブル

がセット内容になります。

ココがポイント

保証期間は24ヶ月」です。
(楽天での購入の場合はレビュー必須です)

 

ゆう
セット内容はしっかり全部そろっていて、さらに「USB-C to USB-Cケーブル」付き!

 

 

「suaoki(スアオキ)」【S370】の電気容量

【S370】が電気をどれぐらい貯めておけるのかの数値「Wh(ワットアワー)」を見ていきます。

※Whとは1Wの電力を1時間消費した場合を1Whと言います。

【S370】の電池容量は 「322Wh」です

 

【S370】の用途としては主に、スマホの充電、ランタンの充電、PCの充電、さらには電気毛布の充電が主な用途になると思います。

なので、「322Wh」が4つの電化製品をどれぐらい使用できるのか記載しました!

ココがポイント

  • 最近のiPhone 約25回
  • ランタン(24W) 約12時間
  • MacBook Pro (58Wh) 約4回
  • 電気毛布(50W) 約6時間

※あくまでも計算上になりますので目安としてお考えください。

 

 

「suaoki(スアオキ)」【S370】の出力規格&出力方法

次は【S370】にはどのような電力を発生させるのかをみていきます。

 

AC出力規格

コンセントを【S370】に接続させた時に流れる電力をみていきましょう!

AC出力規格

  • 電圧 110V
  • 周波数 50Hz 60Hz 切替可能
  • 波形 正弦波
  • 定格出力 300W
  • 4口

ここで注目すべきは、「正弦波」です。

「正弦波」とは「家庭でコンセントを使ったときと同じ電力が流れる電気のこと」と覚えておいてください。

つまり、様々な電化製品に使用することが可能になります。

 

例えば、「電気毛布」など熱を発生させる電化製品などは「正弦波」でないと作動しません。

逆に「修正弦波」と書かれているポータブルバッテリーでは使えないことも覚えておいて欲しいです。

 

ゆう
さらにこの容量ぐらいのポータブルバッテリーで4口は見たことない!!

 

USB出力規格

  • USB-A 2口
  • USB-A (QC 3.0) 2口
  • USB-C (60W PD) 1口

※QC3.0とはクアルコムの急速充電技術のことです

 

そして今回、「suoaki」では初の取り組みで「PD60W」の入力/出力両方対応のUSB−Cが搭載されました。

 

ココがおすすめ

「PD60W」とはノートPC・Android端末・iPhone/iPadなどのUSB-C対応機器へ幅広く対応しており、最⼤60Wの⾼出⼒によるフルスピードで充電できるのです!

 

ゆう
PD60Wはかなり優秀です!!

 

 

DC出力規格 / シガーソケット

  • DC出力 120W 4口
  • シガーライトソケット 120W 1口

 

用途は限定されますが、カメラなどの電化製品を充電する際に使用するDC出力も備えています。

 

ゆう
S370の出力規格に関してはかなり優秀なのが特徴です!!

 

「suaoki(スアオキ)」【S370】の入力規格・入力値

次は【S370】どのように充電ができ、充電にどれぐらいの時間がかかるのか?というのをみていきます!

 

コンセント充電

コンセントによる充電は付属のACアダプターを使います。

約4~5時間」で充電がフルになります!

※ACアダプターは高温になりますので取り扱いにはお気をつけください。しかし触って火傷するほどではありません。

 

ゆう
なかなかの充電速度です!!!

 

シガーソケット充電

車で充電できる、車中泊やキャンプの際にはなくてはならない充電方法、シガーソケット充電にもしっかり対応しています。

また配線もセットで同封されていますので別途購入の必要はございません。

約4~5時間で充電がフルになります!

 

ソーラーパネル充電

最後はソーラーパネルでの充電の内容です。

最大120W(12V×10Aより算出)
MPPT(最大電力点追従機能)方式採用

 

MTTP方式とは、ソーラーパネルで生み出された電力がほとんど衰えることなく【S370】に充電される方式のことをいいます!

 

「suaoki 」のソーラーパネル100Wで充電した際に発電する電気は晴れた日は凄まじく、車中泊やキャンプ、また防災時にもやくに立つでしょう!

USB PD60W充電

 

PD60WのUSBでも充電可能で、フルまでに6~7時間です。

 

「suaoki(スアオキ)」【S370】のディスプレイ

次は【S370】の液晶画面についてお伝えします。

「suaoki 」のポータブルバッテリーは液晶の画面が大きくなったのですが、電力の出力値と入力値の表記が出なくなりました。

 

つまり、コンセントやソーラーパネルで充電した場合、あとどれぐらいで充電が完了するのかわからなくなったり、どれぐらい電力を消費しているのかがわからなくなります。

うっすら液晶画面に数字が見えるのですがこの数字はHzの数字が出てきます。西日本・東日本ではHzが違いますので全国どこでも使えるところは良いですね。

 

ゆう
suoakiさんの最近のポータブルバッテリーの液晶画面の変更は何かしらの意図を感じますね〜

 

「suaoki(スアオキ)」【S370】の大きさ・重さ

次は【S370】の大きさや重さを紹介していきます。

持ち運びできるのか?できないのか?ポータブルバッテリーを買う際に大きく決め手となる要素です。

 

【S370】の大きさと重さの詳細

品番大きさ重さ持ち運び可否
【S370】245mm(L)
150mm(W)
145mm(H)
3.3kg可能

 

この電気容量で「3.3kg」というのは、他のポータブルバッテリーと比べても軽いと判断しています。

さらにこの取手の部分が出し入れでき、持ちやすいので軽く感じますよ!

 

「suaoki(スアオキ)」【S370】の価格

やはりポータブルバッテリーを買う上で一番大事な要素は価格です。

 

【S370】 の販売価格 38880円です。

 

価格が高いのか安いのかは「1Whのコスト」をみると分かってきます!

例えば【S370】であれば38880円でバッテリー容量が322Whなので、

38880 ÷ 322 = 120.7

つまり1Whのコストが120.7円になります。

 

では「suaoki(スアオキ)」の他のポータブルバッテリーと比較していきましょう!

品名価格Wh1Whのコスト
S1701080074.88144.2
S881098888.8124.9
S2701328015088.5
S6011980022289.2
S37038880322.56120.5
PS5B41980400104.9
G50059880500119.8
G10001798801182.7152.1
G12001698801200141.6

※全て税込み価格

 

様々な要因があるので安いからといって良いわけではありませんが、【S370】の価格は適性だと考えます。

ココがポイント

適正価格だと判断した理由は

  • セット内容がすべて揃っている
  • 正弦波
  • PW60Wが優秀(配線付き)
  • 容量の割に小さく軽い

などの要因です。

 

ゆう
PW60Wは価値が高いですよ!!

 

「suaoki(スアオキ)」【S370】を選ぶポイント

最後に、「suaoki」の商品だけでなく、現状さまざまなポータブルバッテリーが販売されている中で、この【S370】を選ぶポイントをお伝えしていきます。

  1. 見た目がスタイリッシュ
  2. PD60W
  3. LEDライトが便利

の3点になります。

 

1.見た目がスタイリッシュ

見た目に関しては、赤い色がとてもアクセントになっていて、重厚感のある黒の外殻に、両脇と取っ手を明るく活発な赤色にすることで、おしゃれで洗練された外観に変わり、無骨でスタイリッシュですね。

 

2.PD60W

今回「suaoki」のポータブルバッテリーでは初めての試み、「PD60W」の導入が今の時代に合っていてポイントです。

 

3.横についているLEDライトが明るい

 

ゆう
めっちゃ明るいので防災、キャンプ、車中泊など様々な場面で使えますよ!

 

 

「suaoki(スアオキ)」【S370】のまとめ

【S370】のポイント

  • 電池容量322Wh
  • 定格300W
  • PD60Wが優秀
  • ソーラーパネルは100Wまで
  • 重さは3.3kgと持ち運べる重さ
  • 見た目がスタイリッシュ
  • LEDライト付き

 

如何でしたでしょうか?

【S370】は容量が大きいにも関わらず軽く、持ち運びに便利な取手がポイントです。さらに見た目もよし!

さらにPD60Wが超優秀ですよ!!

キャンプや車中泊にはもちろん、防災時などに手で持って行けるのがいいですね。

以上、【S370】をレビュー!「suaoki」の中でもデザイン性が抜群で、さらに急速充電がおすすめのポータブルバッテリーです!の記事でした。

その他の「suaoki」の製品の記事になります。合わせてお読みください。

S170
【S170】は「suaoki(スアオキ)」の飛行機内に持ち込めるポータブルバッテリー!「コンセント」と「USB-C60W」付きなのでビジネスや出張の際におすすめです!

続きを見る

S88
【S88】は「suaoki(スアオキ)」のポータブルバッテリーで、飛行機内に持ち込めるコンパクトでありながら「コンセント」も使えるおすすめなモデル!

続きを見る

S270
【S270】は「suoaki(スアオキ)」のポータブルバッテリーを初めて買う方に「安くて」おすすめです。2万円以下で「ソーラーパネル」まで揃いますよ!

続きを見る

S601
【S601】は「suaoki(スアオキ)」のポータブルバッテリーの中でも「コスパ」がよくて高性能!正弦波なのもおすすめです!

続きを見る

PS5B
【PS5B】レビュー!suaoki(スオアキ)の中でもコスパ最高ポータブルバッテリーは車中泊、キャンプ、そして防災におすすめだった!

続きを見る

G500
【G500】は「suaoki(スアオキ)」の大人気ポータブルバッテリー!電気容量500Whで車中泊やキャンプ、さらには防災用におすすめ!

続きを見る

G1000
【G1000】は「suaoki(スアオキ)」史上最強のポータブルバッテリー!キャンプや車中泊、そして防災用におすすめ!!

続きを見る

G1200
【G1200】は「suaoki(スアオキ)」のポータブルバッテリーの中でも一番の大容量!快適に車中泊・キャンプができ、さらに防災面にも役に立ちます!

続きを見る

 

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
ゆう

ゆう

バンライフとキャンプを愛する夫婦【ミチトライフ】の夫「ゆう」です。 趣味は筋トレ。ビール大好きのアラフォーです。 ブラック企業で鬱になりかけ退職。その後スポーツインストラクターを経て、海外へ留学。帰国後会社員になりました。 道なき未知に挑戦するために夫婦でバンライフを開始し、リモートワークを実現するために日々勉強中。どうぞよろしくお願いいたします。

よく読まれている記事

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10

-車中泊用品, 車中泊&キャンプ用品
-,

Copyright© ミチトライフ~VANLIFEと車中泊のブログ~ , 2020 All Rights Reserved.