アウトドアグッズ キャンプ用品 車中泊用品

カメラ付きジンバル「Feiyu Pocket 2 / Feiyu Pocket 2S」と「DJI Pocket 2」を実際に使用し徹底比較しました!

カメラ付きジンバルの「手振れ補正」って最高すぎません?

どうも、未来のための、これからの暮らしを創るため日々、奮闘している「ヤイユウ」です。

 

今、応援購入サイトMakuakeで、かなり注目を集めているガジェット、それが「Feiyu Pokcetフェイユーポケット 2」と「Feiyu Pokcet 2S」。

両方ともカメラ付きのジンバルで、それぞれ特性があるのだけれど、でもこのカタチ、何から見たことがある・・・そう「DJI Pocket 2」だ!

 

実際に私はキャンプや車中泊の撮影に使うため、GoPro9と悩みに悩んでDJI Pocket 2を買ったので、現状はこいつは最強のカメラ付きジンバルだと思っていました。

しかし、もう世代交代が始まろうとしているのか・・・

 

これはやばい!早速、Feiyu Pokcet 2とFeiyu Pokcet 2SとDJI Pocket 2の、3つを徹底比較して、最強の座を決めようじゃないか!!

 

購入方法

本製品は、クラウドファンディング「Makuake」にてプロジェクトを支援いただくことで購入できます。

プロジェクトを支援する

ご提供品

本記事はメーカー様から商品を提供いただきレビューしております。

 

カメラ付きジンバル「Feiyu Pocket 2 /Feiyu Pocket 2S」とは?

カメラ付きジンバルのFeiyu Pocket 2とFeiyu Pocket 2Sは、2021年9月から応援購入サイトMakuakeでクラウドファンディングが開始されたカメラ付きジンバルです。

 

すでに7,000万円を超える応援購入されており、1億円を集めそうなほどかなりの人気を集めています!

 

このガジェット、今までにもジンバルの他ドローンなどを開発しているジンバルのパイオニア「FeiyuTechフェイユーテック」の14年間の最高傑作と言われており、今からレビューするのが楽しみすぎて手の汗が止まりません。

 

とFeiyu Pocket 2とFeiyu Pocket 2Sは何がそんなに注目を集め購入されているのか?先に2つのポイントをお伝えします。

「Feiyu Pokcet 2 / 2S」のおすすめポイント

  • 「Feiyu Pocket 2」は、DJIをも超える映像美が手に入る
  • 「Feiyu Pocket 2S」は、なんといっても分離する

 

Feiyu Pocket 2は軽くて高画質

Feiyu Pocket 2の最大の特徴は、画素数が1200万画素と、Feiyu Pocket 2Sは851万画素よりも優れているところです。

Feiyu Pocket 2

Feiyu Pocket 2S

 

カメラ付きジンバルで動画も写真も両方、撮影したい方にはFeiyu Pocket 2がおすすめです。(当ブログへ反映する際に画質を下げておりますので、実際はもっと綺麗です。)

 

重量はFeiyu Pokcet 2が「127g」、Feiyu Pokcet 2Sが「179g」と50gほどの差があるので、手に持ってよく撮影する方はFeiyu Pokcet 2で決まりですね。

 

Feiyu Pocket 2Sは、何より分離する機能が斬新

Feiyu Pocket 2Sの最大の特徴は、なんといっても分離できるところ。

 

ヤイユウ
私が知らないだけかもしれないが、カメラ付きジンバルでは初の機能ではないだろうか!!

 

一体、分離することで、どんなことができるのか?実際に触った感覚をレビューでお伝えしていきます。

 

購入方法

本製品は、クラウドファンディング「Makuake」にてプロジェクトを支援いただくことで購入できます。

プロジェクトを支援する

 

カメラ付きジンバル「Feiyu Pocket 2 /Feiyu Pocket 2S」レビュー

さてここからはFeiyu Pokcet 2とFeiyu Pokcet 2Sのレビューだけではなく、DJI Pocket 2とも比較しながら解説していきます!

 

ヤイユウ
1番、右側がDJI Pocket 2です!!

 

主な内容はこちら!

レビューの内容

  • サイズ感、重量感、見た目の比較
  • 動画のクオリティ
  • 使用シーンの比較

 

サイズ・重量はやはり手に馴染む

まずは、Feiyu Pokcet 2のサイズですが「124.6mm 40.6mm 29.8mm」と小さく、しっかりと手に馴染みます。手の小さな方でもまったく問題なく持てる大きさになります。

 

前は、液晶パネルと操作ボタンが2つあり、後ろは何もなく、持つ際に邪魔になるようなボタン配置はありませんでした。

 

写真、左の側面に「SDカード挿入口」「USB-C」があり右の側面には「電源ボタン」があり、シンプルながらも押さえるところを押さえている印象です。

 

下側には、三脚などさまざまなツールと合体できる部分があります。

 

一方、Feiyu Pokcet 2Sのサイズは「170mm 42.6mm 30mm」とFeiyu Pokcet 2よりも長さがあります。

 

比べるとレンズ一つ抜きん出ていますね!

 

ヤイユウ
やはりカメラ部分と接続するためのケーブルがあるので大きくなるのは仕方ないですね!

 

そして大事になってくるのは、液晶ディスプレイの大きさです。

カメラ付きジンバルは、ディスプレイが小さいところが弱点なんですが、DJI Pocket 2と比べてみると、「1.5倍」ほどディスプレイが大きいのがわかります。

 

さらに、通常モードと、フルスクリーンモードがあり、

 

フルスクリーンにすると、カメラ付きジンバル史上、最大の大きななんじゃないかというほど大きな画面で、かなり見やすく最高すぎました!

 

ヤイユウ
カメラ付きジンバル最大の弱点のディスプレイの小ささが解消され、弱点がなくなった・・・

 

 

付属品は、Feiyu Pokcet 2はシンプル。

Feiyu Pokcet 2の付属品

  • 専用ケース
  • USB Type-C充電ケーブル
  • ストラップ
  • 日本語の保証書
  • 日本語の取扱説明書

 

一方、Feiyu Pokcet 2Sは付属品が豊富でした。

つまづきポイント

  • 専用ポーチ
  • 専用ケース
  • USB Type-C充電ケーブル
  • 3M粘着テープ ×2
  • 1/4インチネジ穴付き磁石マウント
  • ベルト固定アダプター
  • 装着ベルト ×2
  • 日本語の保証書
  • 日本語の取扱説明書

 

ただ、Feiyu Pokcet 2だけが「ハードケース」なので、Feiyu Pokcet 2Sは取扱に注意が必要です!!

 

電気容量は、Feiyu Pokcet 2とFeiyu Pokcet 2Sともに「875mAh」なので、充電時間は「72分」といったところです。

 

動画のクオリティ

カメラ付きジンバルで最も大事な要素、それは動画のクオリティです。

ブログなので、クオリティのお伝えは難しいですが、実際に撮影した動画を切り取り画像にしたり、一部映像を貼り付けております。

 

まず、Feiyu Pokcet 2とFeiyu Pokcet 2Sの機能の中で、個人的に1番感動したところが、単独で「広角」「超広角」に切り替えれることです。

 

 

iPhoneから考えると普通なのでは?と思うかもしれませんが、DJI Pocket 2は、広角にするためにレンズ部分に「専用の広角レンズ」をはめ込まないと広角になりません。

 

 

ただ、このレンズはとても無くしやすい・・・

 

実際、私は、何度も落とした結果、遂に紛失しました・・・高額なのでもう手が出ません。

 

どのぐらい広角に撮影できるのか実際に動画を切り取った画像でお紹介。

まずは通常の撮影時。

 

広角にすると、横の2本の木まで映りました。

 

さらに、超広角では3本しっかりと写りますが、広角ならではの映像が湾曲してしまいます。

でもこれはこれでOK!

 

ヤイユウ
広角、超広角を気軽に撮影したい方はDJIよりおすすめです!

 

ただ、実際の動画のクオリティは、Feiyu Pokcet 2とFeiyu Pokcet 2Sは明るく少しぼんやりしているのに対し、DJI Pocket 2はコントラストが強めではっきり映像が撮れる印象です。

 

ココに注意

上記は4Kで撮影した切り取り画像です。

実際に撮影した映像は、上記の画像よりも綺麗ですが、ブログに投稿する際に、ページが重くなるのを避けるため、画質を下げて投稿しております。

 

手振れ補正は、動画でお伝えする方がわかりやすいので貼り付けます。

少しスキップ気味に上下に激しく走ってみたのですが、流石のジンバル。かなり、手振れが軽減しているのがわかります。

 

実際の使用シーンの比較

ここからは実際にどのように撮影すればいいのかの参考をお伝えしていきます。

Makuakeで同時に販売されている「アクセサリーパック」も、私は持っていないのですが、DJI Pocket 2にもアクセサリーがあり、そちらで代用してご紹介していきます。

 

アクセサリーパックの内容物

  • Feiyu Pocket 2S専用延長ロッド
  • 外付けマイクアダプター
  • スマホホルダー
  • ミニ三脚

 

ヤイユウ
アクセサリーパックを購入するか迷っているかた必見です!

 

まずは「ミニ三脚」ですが、このようにFeiyu Pocket 2 / Feiyu Pocket 2Sを実際に単独で立たせることができ、手に持たずとも撮影可能です。

 

ミニ三脚の使い方

  • 離れて撮影したい時に。
  • 一人で撮影の際、フェイストラッキングを活用したい方に。
  • 両手を含めての撮影時に。

 

「外付けマイク」ですが、正直、プロレベルの方だけでいいかもいです、個人のVlogぐらいでは使うことが少ないかもです。

 

ヤイユウ
実際に、音声はけっこうしっかり拾ってくれます。

 

「延長ロッド」と「スマホホルダー」はお好みでいいと思います!

でも私はDJI Pocket 2を下記の画像のようにスマホと三脚を使って使用しています。

 

なぜ、お好みでいいのか?

DJI Pocket 2はFeiyu Pocket 2 / Feiyu Pocket 2Sよりも液晶画面はだいぶ小さいです。

実際に手に持っても、映像が見えないほど小さいのでスマホとの接続と延長ロッドが必須レベルです。

しかし、Feiyu Pocket 2 / Feiyu Pocket 2Sは、液晶画面が1.5倍ほどあり、手に持ってもDJI Pocket 2よりも見やすいので、スマホと連動しなくても問題ないと思いました。

しかも、広角へ簡単に切り替えれるので、手に持って自分を撮影時にも、顔が近くなりすぎることがありません!

 

そして、オプションで購入できる「防水ケース」は水中に潜る方は絶対にあったほうがいいです!

 

ヤイユウ
綺麗な海の中の映像を撮れるのは、最高ですよ!!

 

Feiyu Pocket 2Sのみ、デフォルトで付属しているオプションの「装着ベルト」は、自転車やバイクでの撮影時に腕に本体を装着し、

 

ヘルメットには「3M粘着シール」で、カメラ部分を装着すると、アクションカメラさながらの映像が撮れますね!!

 

さらに、「1/4インチネジ穴付き磁石マウント」を使えば、

 

三脚をカメラ部分だけに付属できるので、さらに面白い映像が撮れそうだ!

例えば、車のフロントに置いて、自分たちの運転シーンの撮影や、テントの上において上からの撮影時にも使えそうです。

 

ヤイユウ
Feiyu Pocket 2Sは、私の陳腐な使い方だけではなく、さまざまな使い方を想像できる方におすすめです!

 

あと何気に、すごく良かったのが、「USB-Cケーブル」でPCに繋ぐだけで簡単にしかも早くデータが取り出せるのがとても助かりました!!

 

カメラ付きジンバル「Feiyu Pocket 2 /Feiyu Pocket 2S」レビューまとめ

Feiyu Pocket 2 / Feiyu Pocket 2Sは、魅力満載でやばかったですね!!

 

最後に、「Feiyu Pocket 2 / Feiyu Pocket 2S」はどんな方におすすめなのか?分けてご紹介させていただきます。

 

Feiyu Pocket 2がおすすめの方

Feiyu Pocket 2がおすすめの方

  • 軽く、小さいので手で持ってよく撮影する予定の方!
  • 初めてカメラ付きジンバルを購入される方!

 

Feiyu Pocket 2Sがおすすめの方

Feiyu Pocket 2Sがおすすめの方

  • 分離!分離!分離!をただただ使ってみたい方!!
  • 分離することで、さまざまな撮影シーンを思いつく方!
  • アクションカメラのような使い方を希望される方!

 

私自身、DJI Pocket 2を持っているので、買うとすると間違いなくFeiyu Pocket 2Sなのですが、正直、DJI Pocket 2をかなり使っていますが、カメラが分離することでさまざまな使い方があまり想像できませんでした。

ただ、みなさんが商品到着後はさまざまな方が使用していくにあたり、「こういう撮影に使えた!」「画期的な撮影方法を見つけた!」など情報が出てくると思います。

その情報を踏まえ、撮影するのも楽しみですよね!!

 

Feiyu Pocket 2 / Feiyu Pocket 2SのMakuakeプロジェクトは残りわずかです!!

現在は最大18%オフで買えるので、このチャンスをお見逃しなく!!

以上、「カメラ付きジンバル「Feiyu Pocket 2 / Feiyu Pocket 2S」と「DJI Pocket 2」を実際に使用し徹底比較しました!」の記事でした。

 

購入方法

本製品は、クラウドファンディング「Makuake」にてプロジェクトを支援いただくことで購入できます。

プロジェクトを支援する

 

 

 

この記事も読まれています

-アウトドアグッズ, キャンプ用品, 車中泊用品

© 2019 道なき未知