アウトドアグッズ ポータブル電源

車中泊と相性バツグン!電動アシスト自転車「HIMO Z20」とポータブル電源を持ってアウトドアしてみた!

サスティナブルな世の中を実現し地球の未来を救うため活動している「ゆう」です。

 

最近、ものすごく電動アシスト自転車が欲しいのですが、たくさん販売されていていったいどれを選べばいいのか分かりませんよね・・・

そこで思ったのが「ポータブル電源」と「車中泊」に相性のいい電動アシスト自転車を選べば自分に相性がいいんじゃないかと・・

 

ヤイユウ
そしたらなんと「Makuake」で見つけちゃいました!!

 

その名も「HIMOヒモ Z20」!

 

当記事では、なぜこの電動アシスト自転車HIMO Z20がポータブル電源と車中泊に相性がいいのか?

実際に使ってみたレビューを踏まえながら皆様に詳しく解説していきます!!

 

購入方法

本製品は、クラウドファンディング「Makuake」にてプロジェクトを支援いただくことで購入できます。

プロジェクトを支援する

ご提供品

本記事はメーカー様から商品をお借りし作成しています。

 

当ブログのコンセプト(クリックで開きます)

当ブログでは玄人(くろうと)しかわからない情報などは極力記載せず、

  • 初めて買う方
  • ある程度知識のある方

がポータブル電源を購入される際の参考になる情報を主に載せております。

また初めてポータブル電源の記事を読まれる方は「ポータブル電源の用語辞典」と一緒に読むと解りやすくなっております。

こちらもCHECK

【完全版】ポータブルバッテリーの用語辞典!

続きを見る

 

電動アシスト自転車「HIMO Z20」とは?

HIMO Z20は、2021年6月から応援購入サイトMakuakeでクラウドファンディングが開始された電動アシスト自転車です。

 

すでに5,000万円を超える応援購入されており、かなりの人気を集めています!

 

なぜそこまで人気なのか?

最大のポイントを2つあげましたので先にご紹介します!

HIMO Z20のおすすめポイント

  • ロングバッテリーで軽量!
  • いつでもどこでも空気が入れられる!

 

ロングバッテリーで軽量!

最近はおしゃれな電動アシスト自転車が多く販売されていますが、読者の皆様は「バッテリー容量」と「本体の重さ」をちゃんと考慮して選んでいるでしょうか?

HIMO Z20は、「360Wh」というポータブル電源なみの大容量電源を搭載しており、その走行距離は脅威の最大「80km」を誇ります。

 

ヤイユウ
しかも電池は小さくて超軽い!!

 

さらに、本体は特許取得済の独自開発アルミフレームを使用しており、公道での試験をクリアし、3Cの安全評価を取得しています。

 

3Cとは?

3C(スリーシー)とは、国家安全保護、詐欺⾏為防⽌、⼈体の健康もしくは安全の保護、動植物の⽣命もしくは健康の保護、環境保護等を⽬的に、中国が国内に輸入される製品に対して自国の技術標準に適合したことを示す認証制度ですが、認証基準の厳しさ、およびコストの高さでも有名です。

 

アルミフレームだから滅多に錆びない上に丈夫で軽く、本体の重さがなんと「21.6kg」と、80km走行できる電動アシスト自転車の中でも、かなりの軽量です!!

 

最近、販売されている電動アシスト自転車は、デザインが素晴らしいものが多いのですが、中には「30kg」を超えるような自転車も存在します。

 

ヤイユウ
正直、この20kgぐらいが男性でも持ち運べる限界の重さだと、持って階段を登り降りした私が断言します!!

 

いつでもどこでも空気が入れられる!

そしてHIMO Z20の特に私がおすすめしたいポイントは「いつでもどこでも空気が入れられる」この機能です!!

どういうこと!?と思うかもしれませんが、なんとサドルの部分が空気入れになるんです!

 

固定されているグリップを外し本体からサドルを抜くと、なんだかもうすでに「空気入れ」感だたよう雰囲気♪

 

サドル部分の下側をクルクル回すと中に何やら中に入っているぞ。

 

抜き出せば、そこには空気入れのチューブ的なものがニョキニョキ出てきた!!

 

早速、空気を入れてみよう!

 

なるほど、なんと空気を入れる際にはサドルを持って上下しながら入れることが判明!!

 

側からみればなんともシュールな感じに仕上がっているところが最高だ!!

 

ここで思ったのが、この機能は「アウトドア」にぴったりなんじゃないかと!?

アウトドアにぴったりな理由!

  • 夏場の「北海道一周」車中泊旅をされている方には、いつでも空気が入れれるのでぴったり!
  • キャンプ場や、山の中は地面が凸凹なので、空気入れがあるともしもの時に安心!

 

購入方法

本製品は、クラウドファンディング「Makuake」にてプロジェクトを支援いただくことで購入できます。

プロジェクトを支援する

 

電動アシスト自転車「HIMO Z20」レビュー

さてここからは上記の2つのポイント以外の電動アシスト自転車HIMO Z20を詳しくレビューしていきます!

 

おしゃれに仕上がりながらも、繊細な機能満載

まずは、全体を見てみましょう!

スタイリッシュな「パールホワイト」が街中で走っているとかなり目を惹きそうですね!

大きさ:幅が「147cm」/ 高さ「109cm」

 

上から見ると、とてもコンパクトなのかがわかります。

 

カラーバリエーションは2色でパールホワイトの他に「グラファイト」が選べます!

 

この2色、正直どっちも良すぎて選ぶのにかなり時間がかかりました・・・・

 

ブレーキは耐久性に優れた前後のダブルディスクブレーキ

 

そして高評価なのが、日本老舗メーカーシマノ-SHIMANO-6段階のアシスト!

 

さらに電動アシストモードは3種類。

エコモードミドルモードハイモードそれぞれを使い分けれるので、通勤だけでなく山道もまったく問題なく走行できます!

 

指で隠れていますが、「+」のボタンを押すことでモードの切り替えが可能です!

 

そして「+」ボタンは長押しで正面のLEDライトが点灯します。

赤いバックライトは手動で点灯させる必要があるので、ここは正面のLEDライト同様にモニターのボタンで点灯できれば最高だったかも!

 

ちなみにモニターは、IPX7の防水規格をクリアしており、豪雨にも対応しています!

しかもこの液晶、撮影日は太陽光がかなりまぶしかったにも関わらず、すごくハッキリ見えるところが何気にすごい!!

 

タイヤは、台湾の企業CST製で、高い耐摩耗性と超強力なグリップ力を持つプロも愛用するほどの高品質なタイヤを使用!

 

CSTとは?

CST(チェンシンタイヤ)はMAXXISタイヤの親会社で、台湾に本社を持ち、自転車はもちろん車やバイク用のタイヤも多数つくっている台湾で第1位のタイヤメーカーです。

 

タイヤの前後左右の撮影してきたのでご参考に!!

ここに注目!

HIMO Z20は電動アシスト自転車のため、公道走行可能で、免許/ヘルメット/ナンバーは一切必要ありません

 

折り畳みは超カンタン

折り畳みはとても簡単でした。

ハンドルの部分は、安全ピンを上にあげるとクリップが外れます。

 

あとは折り曲げるだけ。

 

同様にメインフレーム部分もクリップを外して曲げるだけ。

 

慣れれば「約30秒」ぐらいで折り畳めますよ!

 

折り畳んだときの大きさは「幅86cm / 高さ74cm」とかなり小さくなるので、車のトランクに収納したり、マンションのエレベーターやオフィスへの持ち運びもラクラクにできます。

 

ポータブル電源で充電してみよう!

さていよいよHIMO Z20を充電していきましょう!

充電は専用のアダプターで家庭用のコンセントに差し込んで充電するのですが、今回はあえて野外でポータブル電源で充電してきました!!

 

ヤイユウ
充電方法は2通りあります。

 

電池を取り出しての充電

まずは、折り畳むときと同様にメインフレーム部分を折り曲げると何やら中に電池らしきものが・・・

 

そう、まさかのこんなところに電池が入っているのです!!

 

付属のキーを使って取り出せば、

 

出てきましたよこんなところから・・・

 

さっそく、付属のアダプターを使って充電開始!

使用したポータブル電源はもう間もなく販売が開始される「S600W」というポータブル電源!コンパクトかつ大容量なので相性抜群です!

 

充電してみると「91W」で充電されておりました。

この入力量だと「約4時間」で充電がフルになりますね!!

 

ヤイユウ
駐輪場などにコンセントがない場合は電池を取り外しての充電が必要です!!

 

直接充電

もう1パターンの充電方法は本体に直接差し込んでの充電です。

本体部分に付属のアダプターを差し込めるポートが備わっています。

 

さてさて次は、ソーラーパネルも使って充電してみよう!

 

ということで完成!!

 

太陽光の恵みをもらいながらもしっかりと充電できていることが確認できました!

 

ヤイユウ
ここで思ったのですが、ポータブル電源と太陽光パネルがあれば、この自転車なら日本一周も可能なのでは・・・と

 

ヤイユウ
やらんけど!!

 

電動アシスト自転車「HIMO Z20」レビューまとめ

如何でしたでしょうか?

最後に、この電動アシスト自転車HIMO Z20はどんな方におすすめなのかをご紹介させていただきます。

こんな方におすすめ

  • 安く電動アシスト自転車を購入したい方(現在Makuakeで30%以上安く買えます!)
  • 通勤だけでなく、アウトドアでも最適な電動アシスト自転車が欲しい方
  • 軽量かつロングバッテリーな電動アシスト自転車が欲しい方

 

このご時世、働き方や生き方が変わる中で注目を集めている電動アシスト自転車。

中でもHIMO Z20は、通勤にもアウトドアにも両方に最適化され、かつ軽量でロングバッテリー!

まさに隙がないですね。

 

走行も、数km試してきましたが、もはや普通の自転車には戻れないほどの快適さ・・・めっちゃ最高の走り心地でした。

 

ヤイユウ
Makuakeでの応援購入期間は残りわずかですので、お急ぎを!!

 

以上、「車中泊と相性最高!電動アシスト自転車「HIMO Z20」とポータブル電源を持ってアウトドアしてみた!」の記事でした。

 

購入方法

本製品は、クラウドファンディング「Makuake」にてプロジェクトを支援いただくことで購入できます。

プロジェクトを支援する

 

参考【ELECAENTA S600W】レビュー!電池が交換できる革新的ポータブル電源は防災グッズやアウトドアにおすすめです!

続きを見る

 

 

この記事も読まれています

よく読まれている記事

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10

-アウトドアグッズ, ポータブル電源
-

© 2019 道なき未知