ポータブル電源

【Jackery ポータブル電源 700】レビュー!リニューアルされたJackery ポータブル電源 708はどこが変わったのか比較解説!

2021年4月27日

サスティナブルな世の中を実現し地球の未来を救うため活動している「ゆう」です。

 

2021年も、ポータブル電源の性能がどんどん向上するこの「ポータブル電源戦国時代」。

ポータブル電源の日本市場で、首位を独走しているブランド「Jackeryジャクリ」の「Jackery ポータブル電源 700」が2021年4月に突然、後継機の販売に伴い販売停止が決まりました!!

 

そして5月!なんとJackery公式サイトを覗くと、リニューアルされた「Jackery ポータブル電源 708」に変わっているじゃありませんか!??

 

3月には「Jackery ポータブル電源 Ace1500」が発売された中の怒涛の勢いで、リニューアルされたJackery ポータブル電源 708を、Jackery ポータブル電源 700の実機レビューとともに、どうリニューアルしたのかを比較解説していきます!

 

ヤイユウ
どう生まれ変わったのか楽しみですね♪

 

当ブログのコンセプト(クリックで開きます)

当ブログでは玄人(くろうと)しかわからない情報などは極力記載せず、

  • 初めて買う方
  • ある程度知識のある方

がポータブル電源を購入される際の参考になる情報を主に載せております。

また初めてポータブル電源の記事を読まれる方は「ポータブル電源の用語辞典」と一緒に読むと解りやすくなっております。

こちらもCHECK

【完全版】ポータブルバッテリーの用語辞典!

続きを見る

 

created by Rinker
Jackery(ジャクリ)
¥55,860 (2021/11/26 16:41:44時点 Amazon調べ-詳細)

 

Jackery ポータブル電源 700(Jaclery ポータブル電源 708)とは?

Jackeryとは2012年米国シリコンバレーで誕生したポータブル電源の最先端ブランドです。


Jackeryジャクリ」の語源は「Jacket」と「Battery」を組み合わせたもので「まるで身に着けるように、バッテリーを簡単に使えるようにしたい」という思いが由来となっています。

 

ジャックリーとかジャッカリーとかに読み間違う人が多いのでご注意を!


 
環境保全を通して社会貢献を行う基本理念のもと、「冒険に、限りないパワーを」をスローガンに掲げ、「いつでも、どこでも、誰とでも」自由に安心な充電できる製品を生み出しているそんなJackery

 

そんなブランドで今回、リニューアルされたJackery ポータブル電源 708の私が特に注目するの2つの特徴を先にご紹介します。

Jackery 708の2つの特徴

  • Jackeryブランドだからこその安心と安全
  • 708Wh/191,400mAhの希少な容量帯

 

Jackeryブランドだからこその安心と安全

ポータブル電源でもっとも日本で有名なブランドJackery

 

そんな有名なブランドだからこそ、安心感や製品への信頼が生まれるものです。

私は、Jackeryが販売しているポータブル電源「Jackery 240」「Jackery 400」「Jackery 電源 700」「Jackery 1000」「Jackery 1500」とすべて手に触れ使用してきましたが、安全面・安心面・安定面ともにまったく問題がなく、とても信頼できる製品でした。

 

ヤイユウ
精密機械だからこそ安心のブランドを選ぶことは大事ですね!!

 

708Wh/191,400mAhの希少な容量帯

Jackery ポータブル電源 708は容量が「708Wh/191,400mAh」と、実はこの容量帯のポータブル電源は業界で商品数がかなり少ないのです。

 

中途半端な容量帯と前までは思われていたでしょう!

 

しかしドライヤーを動かせるようなJackery ポータブル電源 1000は、高出力を発揮するため重さが「10kg」以上と大型化され持ち運びは大変に。

左:700(6.3kg / 30*19.3*19.1cm) 右:1000(10.6kg / 33.2*23.3*24.3cm)

 

1つ小さい容量のJackery ポータブル電源 400だと出力面や容量で物足りない傾向にあります。

左:400(4.1kg / 23*15.3*16.7cm) 右:700(6.3kg / 30*19.3*19.1cm) 

 

なのでJackery ポータブル電源 708は、実は容量が結構あるのにも関わらず「最低限の機能」があり「容量から考えると相対的に小さく・軽い」傾向にあるので、「2台目、3台目」におすすめなんです!!

 

ヤイユウ
最近は需要が上がっている容量帯なので今回、リニューアルされたと思います!

 

⬆️目次に戻る

 

Jackery ポータブル電源 700(Jackery ポータブル電源 708)レビュー

ここからJackery ポータブル電源 700の外見や大きさや重さなどをレビューしていきますね!

 

前面にディスプレイや入力、出力の機能が集約されているのは「とても使いやすい」ポータブル電源の特徴です!

 

Jackery ポータブル電源 708も大きくは変化していません!

Jackery公式

Jackery公式

 

ヤイユウ
なんか「Captain(キャプテン)」って書いてあるんですが!

 

両側面は、排熱する通気口になっています。

 

後面は超シンプル!

 

底面は、しっかりと地面に接する部分がになっているので、汚れる心配はありません。

 

上面は平らになっているので、例えばJackeryの他のシリーズを持っている方だと上に重ねて置くことができますね!

 

持ち手がとても大きく持ちやすいので、6.3kgの重量だと軽々持てちゃう感じです。

Jackery ポータブル電源 708は「6.8kg」になったので若干、重くなりました!

 

30*19.3*19.1cmのサイズ感は「大きすぎず小さすぎず」が一番しっくりです。

Jackery ポータブル電源 708は「30*19.1*19.0cm」とほんと僅かですが小さくなりました。

 

ディスプレイは、「INPUT」と「OUTPUT」の表記が別れているのがいい感じです。

パススルーに対応しているので、この両方の表記がないと分かりづらいですもんね!

パススルーとは?(クリックで開きます)

電力を充電しながら、電力を消費すること。

とても便利な機能なので「パススルー」があるポータブル電源を選びましょう!

しかし、一般的に、電池に負担がかかるため(寿命が短くなる)過度な使用は控えましょう!

ヤイユウ
パススルーは必須の機能ですね!

 

ただ、ディスプレイは黒い余白が狭くなっておりますので、若干大きくなったようです!

Jackery公式

 

 

付属品は別途購入の必要はなくすべて揃っているので、ポータブル電源を初めて購入される方も安心ですよ!

付属品

  • AC充電ケーブル
  • 車載用 充電シガーソケット
  • 取扱説明書
  • 保証証
  • 収納ポーチ

 

収納ポーチがしぶいんですよね〜

 

取扱説明書も日本語でしっかりと書かれています!

取扱説明書は公式HPからDL可能です!

 

さらに専用の「Jackery ポータブル電源 収納バッグ P7」も持っておくことで、外出時の際の衝撃からJackery ポータブル電源 708を守ることができるので、持っておくことをお勧めします!

 

さて、ポータブル電源を選ぶ際にとても大事なところ、「電池のスペック」をまとめました。

電池のスペック

電池容量:708Wh/191,400mAh

電池素材:リチウムイオン

充放電回数:約800サイクル(残存容量80%)

動作温度範囲:-10~40℃

充電温度範囲:0~40℃

使用目安日数:1~3日間

生産地:中国

 

電池の容量「708Wh/191,400mAh」はいったいどれぐらい使用できるのか表にまとめてます。

放電深度(DOD)の影響を加え計算しております。また、計算方法に関しては「ポータブルバッテリー の用語辞典」を参照の上行っております。

放電深度とは?(クリックで開きます)

ポータブルバッテリーは、電池の寿命を守るために電池のすべてを使用しないなっております。

その電池を保護するために残されている電力のことを「放電深度」と言います。

「約10%」が放電深度なので本当の容量は、実際の記載の「×0.9」が正しい電池容量になります。

 

ヤイユウ
公式とは数値が異なる可能性がございます!

 

⬆️目次に戻る

 

Jackery ポータブル電源 700(Jackery ポータブル電源 708)の出力性能

出力とは?

  • Jackery ポータブル電源 700に電化製品やスマホをコンセントやUSBに差し込んだ時に流れてくる電気のこと!
  • ポータブル電源を選ぶ際に、「出力」は一番大事なところです!

 

AC出力は「定格500W」「瞬間1,000W」はJackery ポータブル電源 708も同じ

AC出力とはJackery ポータブル電源 700に「コンセント」を差し込んだときに電化製品などに流れる電流のことです。

AC出力

  • 電圧:100V
  • 周波数:50 / 60Hz
  • 波形:完全正弦波
  • 定格出力:500W
  • 最大瞬間出力:1,000W
  • コンセント口数:2口

 

まず、電圧・周波数・波形から家庭用のコンセントに差し込んだときと同じ電流が流れることがわかりますので安心できますね!

 

電圧・周波数・波形に関しては、分からない部分だけ下記をクリックすると解説が出てきます!

電圧について(クリックで開きます)

日本のコンセントは電圧が100Vです。

しかし、ポータブル電源のAC出力で電圧が「100V」なのは実は少ないのです。

理由に、海外で販売しているものが多いので、日本の100Vの仕様に合わせないで販売しているメーカーが多いからです。

110Vや120Vの電圧だと、電化製品の故障の原因にもなりかねますので、100Vのポータブル電源を選ぶことがおすすめです。

周波数について(クリックで開きます)

日本では、周波数が違う「50Hz」の電気と「60Hz」の電気があり、周波数が違う電気を使うことで、使えなくなってしまったり、故障してしまったりする電気製品があります。

(周波数については詳しく「ポータブルバッテリー の用語辞典」で解説しております)

ヤイユウ
両方の周波数が切り替え可能なポータブル電源を選びましょう!

波形について(クリックで開きます)

ポータブル電源から出力できる交流には、大きく分けて正弦波と修正正弦波(矩形波)の2種類があります。

  • 「正弦波」とは「家庭でコンセントを使ったときと同じ電力が流れる電気のこと」です。
  • 「修正弦波」とは、家庭用の電気を擬似的に、いわゆる「「マネて」つくった電気のこと」です。

正弦波のポータブルバッテリーにコンセントで電化製品を使っても、家庭のコンセントと同じ電気が流れてくるので「動作がしない」「電化製品が故障する」ことはありません。

しかし、修正弦波であると「動作をしない」「故障してしまう」電化製品などがあります。

使えない電化製品などの情報は「ポータブルバッテリー の用語辞典」に掲載しております。

ヤイユウ
ポータブル電源を選ぶときは「正弦波」もしくは「完全正弦波」を選びましょう!!

 

定格出力500Wとは、500Wまでの出力の電化製品が使えることを表します。

しかしながら実際に使用してみると、「600W」を超える出力の電化製品を使用することができました。

 

ココがおすすめ

定格500Wと公式では記載がありますが、600Wを超える出力でも使用できることが確認できました。

これにより、小型の炊飯器、小型の電気ケトルは定格500W~600Wのものがあるので使用可能です!上記のドライヤーは弱だと動かせていますよ!

 

使用したドライヤーはこちら!

 

ヤイユウ
Jackery ポータブル電源 700も708もAC出力は同じ性能です!

 

テレワークやワーケーションで使用する場合は「ハブ」を持っておくと複数台を同時充電できるのでオススメです!

 

私は使っているかなりオススメのハブはUSB-A、USB-C*2、HDMIがひとつになっているZendure SuperhubSE 4K」です。

created by Rinker
Zendure
¥11,800 (2021/11/26 23:19:59時点 Amazon調べ-詳細)

 

ヤイユウ
ポータブル電源と相性抜群です!!

 

さて、最近ではポータブル電源は「ファンの音の大きさ」も大事な要素になっているので調べてみました!

ココに注意

キャンプのテントの中や車中泊の車の中、さらには被災地の避難所での使用を想定されるポータブル電源ですので、ファンの音がうるさいと騒音の原因になってしまいます!Jaclery ポータブル電源 700は「58.8db(デシベル)」と判明しました!

 

ヤイユウ
ファンの音は、かなり静かな部類に入りますよ!!

 

騒音値の基準と目安表(クリックで開きます)

目安①(うるささ)目安②(身体/生活への影響)騒音値(db)騒音発生源と距離(大きさの目安)
きわめてうるさい聴覚機能に異常をきたす120db・ジェット(飛行機)エンジンの近く
110db・自動車のクラクション(2m)
100db・電車が通るときのガード下
・液圧プレス(1m)
うるさくて我慢できない90db・犬の鳴き声(5m)
・騒々しい工場の中
・カラオケ(店内中央)
・ブルドーザー(5m)
80db・地下鉄の車内
・電車の車内・ピアノ(1m)
・布団たたき(1.5m)
・麻雀牌をかき混ぜる音(1m)
うるさいかなりうるさい、かなり大きな声を出さないと会話ができない70db・騒々しい事務所の中
・騒々しい街頭・セミの鳴き声(2m)
・やかんの沸騰音(1m)
非常に大きく聞こえうるさい、声を大きくすれば会話ができる60db・静かな乗用車
・普通の会話  ・洗濯機(1m)
・掃除機(1m) ・テレビ(1m)
・トイレ(洗浄音) ・アイドリング(2m)
普通大きく聞こえる、通常の会話は可能50db・静かな事務所
・家庭用クーラー(室外機)
・換気扇(1m)
聞こえる会話には支障なし40db・市内の深夜
・図書館
・静かな住宅地の昼
静か非常に小さく聞こえる30db・郊外の深夜
・ささやき声
ほとんど聞こえない20db・ささやき
・木の葉のふれあう音

 

USB出力はリニューアルされました

近年、ポータブル電源にはスマホやダブレット、ノートPC、ドローンなどの充電が重要視され、「USB出力性能」はポータブル電源を選ぶ上で、かなり重要になってきました。

USB出力

  • USB-A(5V/2.4A):3口

 

USB出力はJackery全体的に力を入れてないと思ってますが、特にJackery ポータブル電源 700は「USB-C」が0ポートなのでリニューアル必須ですね!!

今の時代はAndroidスマホ、Macbook、Nintendo Switchなど幅広く「USB-C」が使われています。上記の写真のように充電するためにアダプターが必要になってくるよりは、直接差し込んで充電したいですよね!!

 

と言っていたらやはりリニューアルされたJackery ポータブル電源 708は「USB-C PD60W」が1つ付きましたね!

Jackery 公式

 

ヤイユウ
何気にUSB-Aも1口は急速充電対応に変わってます!!

 

Jackery 708のUSB出力

  • USB-A(5V/2.4A):1口
  • USB-A(QC3.0):1口
  • USB-C(PD60W):1口

 

シガーソケット(DC)出力はDCポートがなくなりました!

シガーソケット(DC)出力はどうでしょうか?

DC出力

 

DCポートについては近年需要が減っており、「Jackery 1000」「Jackery 1500」ともに実装されていないので、やはりDCポートはなくなりましたね!!

 

「シガーソケット出力でご飯が作れる炊飯器5選」の記事はこちらから!!

参考「車中泊」におすすめの【炊飯器】5選!車内でおいしくご飯がたけますよ!さらに災害時などにも。

続きを見る

 

USB-Cの出力がさらに欲しい方は、シガーソケットから出力できる「Anker PowerDrive Speed+ 2-1 PD & 1」がかなりおすすめです!

 

車のバッテリーがあがって動かなくなった時は「Jackery 12V 自動車用バッテリー充電ケーブル」を持っておくとエンジンをかけることができるので安心ですよ!

 

ヤイユウ
シガーソケット出力って案外、有能なんですよね!!

 

⬆️目次に戻る

 

Jackery ポータブル電源 700(Jackery ポータブル電源 708)の充電(入力)性能

充電(入力)とは?

  • Jackery ポータブル電源 708に電気を充電することを入力と言います。
  • 入力は「ACコンセント」「シガーソケット」「ソーラーパネル」の3種類が可能です。

 

ACコンセント充電は高速充電可能へ

コンセントに差し込んで充電する、AC充電は付属されている「AC充電ケーブル」を使用します。

 

Jackery ポータブル電源 708は、充電時間が大幅に早くなりました!!

ココがおすすめ

Jackery ポータブル電源 700:ACアダプターで85Wで充電することで「8.5時間」でフル充電

Jackery ポータブル電源 708:ACアダプターで180Wで充電することで「5時間」でフル充電

 

ヤイユウ
ほぼ同じ容量なのに、3時間以上早く充電できるのは大幅な進化です!!

 

ソーラー充電は専用の「Jackery SolarSaga 100W」がおすすめ

ソーラー発電は、どこでも充電できることやエコの観点からも、注目を集めています。また、電気代も削減できるためお財布にやさしく、外出先でも電力を発電することができます!

ソーラー充電規格

入力最大値:90W

 

実際にJackery SolarSaga 100を使ってJackery ポータブル電源 700を充電してきました!

Jackery ポータブル電源 708も同様にJackery SolarSaga 100がおすすめです!

 

4月の終わり頃のよく晴れた早朝で「72W」ほど充電してくれました!(見えないですが・・・)

 

ヤイユウ
100Wソーラーパネルでの72Wなので、かなりの高効率ですよ!

 

ココに注意

太陽光発電での入力最大値が90Wしかないので、太陽光パネルを2枚並列での充電は不可です。

 

Jackery SolarSaga 100のレビュー記事はこちらから!合わせてどうぞ〜

参考【Jackery SolarSaga 100】レビュー!Jackeryシリーズを持っているなら絶対持っておくべきソーラーパネル。

続きを見る

 

シガーソケット充電

車中泊や災害時に、もっとも欲しい車載充電「シガーソケット」はJackery ポータブル電源 708にセットで付属しています。

ソーラー充電規格

充電時間:12時間(Jackery ポータブル電源 708も同じ)

対応車:12V

 

ヤイユウ
緊急時にシガーソケット充電はなくてはならない存在です!!

 

⬆️目次に戻る

 

Jackery ポータブル電源 700(Jackery ポータブル電源 708)の保証と安全性

保証と安全性とは?

  • 日本はポータブル電源に安全を求める方が多く、Jackery ポータブル電源 708は当然「安全・安心」の基準を満たしています。
  • 安全性は安全認証マークで確認を!
  • 保証期間は「24ヶ月」以上のものを狙うのがベスト!

安全性は問題なし

ポータブル電源を選ぶ際には、安全認証マークを取得しているかチェックしてから購入しましょう!

 

Jackery ポータブル電源 708はすでに各国の認証と、もっとも大事な日本での認証「PSEマーク」を取得しているので安全だと言えます。

世界の安全マーク一覧(クリックで開きます)

世界各国に、それぞれの安全基準が設けられており、条件を満たすと取得できます。

  • PESマーク:日本の法律での安全認証
  • ULマーク:アメリカの基準での安全認証
  • CEマーク:EUの法律での安全認証
  • FCC:アメリカの電波通信安全基準
  • RoHS:EUの安全保証
  • TELEC:無線設備の安全基準
ヤイユウ
日本ではPSEマーク取得が安全の条件になるので覚えておくと安心です!

 

バッテリー管理システム(BMS)という過充電や過放電保護、温度管理等、内部バッテリーが安全に動作するよう監視及び管理を行うためのシステムも購入時にしっかりと確認しましょう!

ココがおすすめ

Jackery製品は安全性が高いことで有名ですので、安心してお使いいただくことが可能です。


BMSの機能一覧(クリックで開きます)

  • 過電圧保護:過剰な電圧がかかると自動でシャットダウンする
  • 過電流保護:過剰な電流が流れると自動でシャットダウンする
  • 過充電保護:充電がフルになると自動でシャットダウンする
  • 過放電保護:電圧が一定基準より下がると放電を防ぎます
  • 低電圧保護:電圧が一定基準より下がると機能を自動で停止
  • 短絡保護:許容電流以上流れた場合シャットダウンします
  • 温度保護:システムが高温になると動作停止し温度が下がるのを待ちます
  • USP:限られた電源にしか搭載されていない機能。コンセントからパススルーで使用の際にコンセントからの電力の供給が止まると数mm秒で電源の電力が機器に使用される。主に、医療器具など常時使用が必須な機器に有効で、災害時などで電力の供給が止まった場合も電力を流し続けてくれる凄い機能。
ヤイユウ
USPの機能があるポータブル電源はなかなかないですよ!

 

ココが大事

最近では、災害時のためにポータブル電源を常備しておく方が増えてきました。

長期保管する場合は、安全の観点から6ヶ月に1回60%-80%程度の充電は推奨されます。

 

ヤイユウ
とはいえ、フル充電しとかないと不安という方は問題なくフルにして定期的に確認しましょう!

 

保証期間は2年と業界でTOPレベル

ポータブル電源を選ぶ上で「保証期間」はとても大事で、通常は「24ヶ月」が多いですが、確認せずに買うと0ヶ月や12ヶ月なども普通に存在します。

また、公式サイト・Amazon・楽天・yahooショッピングのどこで購入するかによって期間が変わることもありますので注意が必要です。

 

ココがおすすめ

Jackeryは全ての商品で「2年保証」を約束してくれています!!

 

ヤイユウ
Jackeryの保証は業界最高だと思います!!

 

⬆️目次に戻る

 

Jackery ポータブル電源 700(Jackery ポータブル電源 708)レビューまとめ

最後にどんな方にJackery ポータブル電源 708はおすすめなのか、ご紹介させていただきます。

こんな方におすすめ

  • Jackeryブランドが大好きだ!!
  • Jackeryの他のポータブル電源を持っている!
  • コンパクトで軽いポータブル電源が欲しかった
  • 安心・安全が確実なポータブル電源が欲しい
  • リニューアルされまだ持っている人が少ないので自慢したい

 

価格は一般販売価格 本体「79,800円(税込)」Jackery ポータブル電源 700と価格は変わっておりません。

さらにJackery公式HPのみで「Jackery ポータブル電源 708+ソーラーパネル 100」のセット販売が常時「6,000円」お得に購入できるのおすすめですよ!

 

今回のリニューアルは、今までもう一歩欲しかった性能を全てアップグレードしてきた素晴らしいものでした!

 

ヤイユウ
これは一気に「欲しい!」ポータブル電源に進化しましたね!!

 

以上、「【Jackery ポータブル電源 700】レビュー!リニューアルされたJackery ポータブル電源 708はどこが変わったのか比較解説!」の記事でした。

created by Rinker
Jackery(ジャクリ)
¥15,840 (2021/11/26 14:17:51時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
Jackery(ジャクリ)
¥34,944 (2021/11/26 16:17:16時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
Jackery(ジャクリ)
¥55,860 (2021/11/26 16:41:44時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
§Jackery∞J
¥97,860 (2021/11/26 18:06:02時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
Zendure
¥11,800 (2021/11/26 23:19:59時点 Amazon調べ-詳細)
参考【Jackery ポータブル電源 240】レビュー!「とりあえず1台持っておきたい」とお探しの方におすすめのポータブル電源!

続きを見る

参考【Jackery ポータブル電源 400】レビュー!なぜここまで人気でおすすめできるのか?徹底解剖!

続きを見る

参考【Jackery ポータブル電源 1000】レビュー!2021年も正直、買いなのか?ぶっちゃけます!!

続きを見る

参考【Jackery ポータブル電源 Ace1500】レビュー!大幅に進化したJackery史上「最高性能」に大興奮!

続きを見る

参考【Jackery SolarSaga 100】レビュー!Jackeryシリーズを持っているなら絶対持っておくべきソーラーパネル。

続きを見る

参考Jackery ポータブル電源 1000と1500、どっちを買えばいいのか分からない!?そんな方に「絶対迷わない」比較レビューをお届けします!

続きを見る

容量別ポータブルバッテリーの記事


この記事も読まれています

-ポータブル電源
-,

© 2019 道なき未知