【プロフィール】ミチトライフについて

はじめまして、【プロフィール】ミチトライフにお立ち寄りいただきありがとうございます!

このページでは、私たち夫婦についてご紹介させていただきます。

 

ミチトライフについて

私たちはトヨタハイエースで全国を移動する生活、通称「VANLIFE(バンライフ)」という生き方を実践している夫婦です。

こちらのブログで、「誰でもできるバンライフ」の情報を発信しています。

私たちは、2019年10月より賃貸の家を解約し「トヨタ ハイエース スーパーロングバン」に引っ越ししました。

 

ミチトライフとは?

「道・未知・満ち(ミチ)」+「挑戦(トライ)」+「人生・生活(ライフ)」を合わせて【ミチトライフ】です。

「道なき未知に挑戦する人生」

つまり、一度きりの人生、怖がらず挑戦して全力で楽しもう!という意味が込められています。

【ミチトライフ】は2人の結婚式のコンセプトが元になって生まれたユニット名です。

結婚式のコンセプトについては、後ほど書かせてくださいね。

 

自分たちだけでなく、友人にも「こんな結婚式は初めて!」と喜んでもらえた結婚式だったので、自分たちらしい結婚式を考えている方におすすめします!

 

裕左(ゆうすけ) 1982年 大阪出身

幼少の頃から、フォルクスワーゲンのタイプ2で家族と車中泊やキャンプをして過ごしていました。

完全バンライファーになったのもこのころの影響があるのかなと思います。

(※バンライファー=バンライフをしている人を指します。)

性格は自由人。縛られるのが嫌いでマイペース

何かを構築することに夢中になる性格で、筋トレが趣味です。

毎日完全燃焼で、1分で眠りに落ちるという特技をもっています。

ブラック企業営業マン・スポーツインストラクターを経て現在ウェブデザイナーやライター、ブロガーを目指し日々勉強中!

 

千秋(ちあき) 1984年 大阪出身

幼少の頃は、親の顔を伺いながら真面目に生きていました。

大学生の頃まで、自分のことを個性のない人見知りだと思っていました。

先輩の「個性の塊やん」という言葉に救われ、人見知りは学生時代のプチ一人沖縄旅で克服。

いまではしゃべりすぎて夫に止められるぐらいになりました。

まる
でもたま~に人見知り発動します。笑

 

基本的には石橋を叩いてて叩き割る性格。時に身軽で楽天的になります。

そして、シュールな笑いが好きです。

まる
夫には理解いただけません…。

 

職業は、不動産関係の事務(宅地建物取引士あり)、社会人からの看護師を経て、現在、ライター、デザイナーを目指して日々勉強中です。

 

素敵なインテリアに囲まれて暮らすのも好き。ですが、自分では下手です。これからは、試行錯誤して、サニイ号も整えていきます!

 

なぜバンライフを?

2人とも昔から「世界を旅したい」、そんな想いを胸に秘めていました。

出会う前も、それぞれがたまに海外旅行に出かける程度で、世界一周には踏み出せず。

2人が出会った2年前からは、世界でなくても、思い立ったらすぐ旅に出ることができるキャンピングカーに惹かれていました。

でも、それもまた、費用や大きさなどの壁が大きく一歩出せずにいました。

 

そんなとき、海外のバンライファーを知ったのです。

それから徐々にバンライフの魅力に惹かれていきました。

最近では耳にすることも増えましたが、日本ではまだ聞くことも少なかったバンライフ。

車で旅をするように生活する人たちに憧れを持ちました。

お金をたくさん稼ぐため、ではなく、ただバンライフが継続できるように稼ぐ、というところにも惹かれました。

 

バンライフ×キャンプ

日本中を車で移動するバンライフでは、全国のキャンプ場もめぐることができます。

ただ、車に生活のすべてのものを詰め込むので、たくさんのキャンプギアは持ち運べず、テントを張ることは少ないと思います。

いわゆる「ライトキャンパー」としてアウトドアを楽しみたいと思っています。

campギアは、軽量、コンパクト、タフさなどバンライフでも使えるものがたくさんあるので生活に沿って、心地のいい物を探していきたいです。

 

バンライフ×移動

2019年は主に関西地方をバンライフ予定です。12月後半には九州入りする予定になっています。

それからの予定は未定です。

日本の各地へベストシーズンに訪れることも一つですが、

ちあきは寒がりなので、まずは、暖かいところを目指していくことになると思います。

ゆう
冬は九州、夏は北海道を予定しています!
まる
慣れたら冬がベストシーズンの場所にも挑戦したい!
ゆう
大丈夫・・・?

 

 

バンライフ×地方

元々住んでいる場所が都会ではないですが、TVなどでみる「田舎暮らし」などにも興味がありました。

実際、地方にバンライフしてみたところ、雑誌やネットの情報が少なくても、自然でいいところがまだまだあることに気づきました。

 

いわゆる「観光地」も見てみたい。でも、もっと知らない場所に行ってみたい

 

まだざっくりとしていますが、自分たちの力で大きなことはできないけど、

家族や友人、出会えた人達を笑顔にすることができるように、何か役に立てることがないか?

そんなことを考えながらバンライフをして行きたい。と思っています。

 

 

バンライフ×人

vanlifeを始めると決めてから、新しい出会いがすでにたくさんありました。

 

「バンライフ」という道を決めると、共通の仲間と出会います。

全く別々の生き方をしてきても、出会った人にはどこかに共通点があったりするんですよね。

接点が全く無くない場合もありますが、その出会いは新しい視点を見つけるきっかけになる。

と思っています。

出会いがあると、新しい動きがでてきたり。

私たちにとって、今までの生活では起こらなかったことです。

 

なので、これから自分たちが移動することで、発信することで、

たくさんの人と出会えるのが楽しみです。

 

2人のコンセプト

私たちは、2018年9月29日にオリジナルウェディングの先駆者である「Crazy Wedding」で結婚式を挙げました。

 

「人生が変わるほどの結婚式を」というCrazy Weddingの言葉に引き寄せられ、扉をたたきました!

 

なんの変哲もないこの人生を、何か変えたいと思っていたのだと思います。

 

「Crazy Wedding」では、プロのディレクターやアートデザイナーと共に、一貫性のある結婚式を作っていきます。

その全ての元となるのは、2人のコンセプト

ディレクター、コンセプターと一緒に今までの人生と向き合い、2時間近く話しました。

紡ぎだされた結婚式のコンセプトは、これから夫婦として歩む人生のコンセプトでもありました。

何かあるたびに私たちはそのコンセプトをみて、2人が一緒にいる意味を思い出すのです。

そして、バンライフにとっても踏み切るきっかけとなったのも、このコンセプトでした。

そのコンセプトはこちら。

 

MICHI(みち)

 

道の先にあるのは未知だ この先どんな事が起きるんだろう

そんな期待と不安が人生を面白くしてくれる

 

いつだって僕らしさを受け入れてくれた君

いつだって私の可能性を信じてくれたあなた

ふたり一緒にいることはあまりにも自然で

気づけば視野が広がって、見えるセカイが変わっていた

 

これからはめくりめく人生を楽しもう

時には道草もいい。道を外れてもいい。

先が読めない道は可能性の塊だ

 

時は満ちた 正解を探すのではなく

心に従って 流れに身を任せて 道なき道を楽しもう

君と一緒ならそれだけで人生は豊かだから

 

 

私たちはこのコンセプトがとても好きです。

 

2人のコンセプトにある「道なき未知」はこのバンライフにあるんじゃないか?そう感じていました。

先が見えない不安もあります。完全な準備はしてません。

こいつら大丈夫?そう思われても仕方ない。

 

でも、2人のコンセプトに立ち返ってみたとき、「そうだ、これが正解じゃなくてもいい。このココロにしたがってやってみよう。」って思いました。

 

何かを始めることは難しいと思いがちだけど、

人生って1回しかない。

 

文句言って過ごす時間も、楽しんで過ごす時間も、同じ時間。

やらなくて、後で後悔しても時間は戻らないので、

私たちは、「バンライフがしてみたい。」そんな単純な目的で始めてみました。

 

相棒の名は「サニイ号」

では、ここで、私たちの相棒について紹介します!

私たちはvanlifeに、ハイエースのスーパーロングバンを選びました。

ハイエーススーパーロングバンと言うだけではなんとなく寂しいので、呼びやすく名前を付けました。その名は「サニイ」。

 

ゆう
サニイ、とか、サニイ号って呼んでます!

 

名前の由来は結婚記念日3月21日(321=サニイ)から決めました!

太陽や笑顔を感じられる暖かい名前で、とても気に入っています。

 

バンライフ×脱自宅

バンライフを始める時に、ほとんどの家具・家電を処分しました。

一部実家に預けているものもあります。

期間を見て、不要であればそれも処分していく予定です。

 

もともと千秋は物が好きで、物を捨てられないタイプ。

フリマアプリを使って、次の貰い手を探したり、あげたりしていました。

が、なかなか減らず、最終日は大変なことに…。

 

なんと、45リットルのゴミ袋30袋分のゴミ…。

 

追い詰められて捨てたものもありますが、こんなに物をもってたんだなと。

 

ゆう
退去1週間前にはほぼ車で生活できるくらいに荷物を減らしておくことをお勧めします!

 

最終日は12時間かけてスッカラカンにしました。

 

おかげで無事、このサニイ号と共に毎日バンライフを送っています。

 

 

バンライフ×DIY

実際のサニイの写真になります!

海外バンライフに憧れているのですが、見たことないよ、っていう方は

ぜひInstagramでハッシュタグ検索(「#vanlife」)をしてみてください!

まる
こんなのやりたい!が見つかるかも!

 

ミチトライフの「Pintarest」にもたくさんのバンライフアイデアをPINしているので、そちらも参考になれば。

 

私たちのDIYスキルはゼロなので、サ二イ号のDIYはこれからです!

 

海外バンライファーも設計から実装まで半年以上かけている方もいます。

私たちも悩んではいたのですが、DIYのスペースも見つけられず。

 

「やりながら変えていこう!」ということになりました。

 

なので、サニイには、たんすや収納ボックスやダブルベッドが入っています。

 

 

バンライフで世界一周

「世界中を旅したい。」それは今も変わらぬ夢です。

でもまずは日本をちゃんと知ったうえで世界をみることで、日本の良さ、そして世界の良さを感じれると思っています。

夢は声に出して、向かっていきたいと思います!

 

まとめ

最後まで読んでいただきありがとうございます。

ここまで読んでいただけたこと、本当に嬉しいです。

 

スタートラインを走り出した【ミチトライフ】。

 

これからも日常やDIY、遊びに来てくださる皆さんにとって役に立つことや

知ってもらいたいこと、「バンライフ×○○」を発信していきますので、

どうぞよろしくお願いします。

 

Copyright© ミチトライフ , 2020 All Rights Reserved.