サステナブル

生ゴミ処理機「NAGUALEP」をポータブル電源とソーラーパネルで電気代0円にして使ってみた!

生ゴミ処理機って、ゴミを減らせるだけでなく、サーキュラーエコノミーの一環にもなるので、今の時代、一家に一台、必要だと考えています!

 

どうも、未来のための、これからの暮らしを創るため日々、奮闘している「ヤイユウ」です。

 

今回、レビューするのは、応援購入サイト「Makuake」で今、大注目の生ゴミ処理器「NAGUALEPナグアレップ」です。

しかも、ただ使用するだけでなく、ポータブル電源「Ecoflow RIVER Max」とソーラーパネル「Ecoflow 110Wソーラーチャージャー」を使うことで、電気代を「0円」で使用してみました!

果たして、どれぐらいの電力を消費したのか!?

 

ヤイユウ
2回、実験をしてみたので、詳細をしっかりとお伝えしていきますね!!

 

購入方法

本製品は、クラウドファンディング「Makuake」にてプロジェクトを支援いただくことで購入できます。

プロジェクトを支援する

ご提供品

本記事はメーカー様から商品を提供いただきレビューしております。

created by Rinker
ECOFLOW(エコフロー)
¥49,800 (2021/11/26 12:24:01時点 Amazon調べ-詳細)

 

生ゴミ処理機「NAGUALEP」とは?

2021年10月より応援購入サイトMakuakeでクラウドファンディングが開始された生ごみ処理機です。

 

すでに3,000万円に迫るほどの応援購入されており、かなりの人気を集めています!

 

NAGUALEPは「ナグアレップ」と読み、NAGUALはインディアンの言葉で「守護神」を意味し、EPは「Environmental Protection」(環境保護)の頭文字。この2つの組み合わせたNAGUALEPは、地球環境問題に対して、環境保護に貢献し、価値を創造する「環境保護の守護神」を目指しています。

 

ヤイユウ
守護神とかちょっと厨二病っぽいけど、素晴らしいビジョンですよね!!

 

そんなNAGUALEPは実際、使ってみてここがすごいなと思ったところを先にご紹介させていただきます!!

NAGUALEPのおすすめポイント

  • 誰でもカンタンに扱える!
  • 活性炭で消臭するこだわり!

 

誰でもカンタンに扱える!

生ごみ処理機は、今の時代「老若男女」誰もが使用すべき機器だと思っており、操作がカンタンなのが必須です。

 

NAGUALEPの操作は生ゴミ入れて、ボタンを押すだけ!

本体部分にボタンは1つしかないので、間違う心配は要りません!

 

ヤイユウ
誰でもカンタンに2〜3時間で栄養たっぷりな土が出来ちゃいます!!

 

活性炭フィルターで消臭するこだわり!

NAGUALEPは​​​、ガスマスク級超強力活性炭40,000個分を使用した脱臭フィルターを搭載しているので、生ゴミをそのまま中に保管しておいて溜まってから処理することもできます。

でも活性炭フィルターにすると、消臭力は高いものの、サイズが大きくなるのがデメリットなのです。

 

ヤイユウ
そんな中でも消臭力と安全性をこだわり、活性炭フィルターを搭載しているのがこだわりを感じました!!

 

生ゴミ処理機「NAGUALEP」レビュー

さてここからはNAGUALEPを丸裸にしていきます!

 

主な内容はこちら!

レビューの内容

  • サイズ感、重量感、見た目
  • 実際に生ごみ処理してみました(野菜編)
  • 実際に生ごみ処理してみました(果物編)

 

サイズ・重量は大きめ!ビジュアルはおしゃれ!

NAGUALEPのサイズですが活性炭フィルターが、脱臭効果が高いが大きいため、「124.6mm 40.6mm 29.8mm」と、ペットボトル500mlと比べてもこれほどの差があります。

 

エコなグッズで愛して止まない「ソーダストリーム」の2倍以上!

並べて置けるけど、キッチンが狭いのでリビングに置く必要がありました。

 

 

左右のビジュアルはとてもシンプルなので、部屋のインテリアとしても邪魔になりません。

 

後面の下部には「排気口」があります。

 

ここから排熱するので、もので塞がないよう注意しましょう!

 

底面は、先ほどご紹介した活性炭フィルターの出し入れをする場所になります。

 

付属品の、滑り止めを着用し、

 

これで安全性がアップですね!

 

では頂面の蓋を開けて中を見てみると・・・

 

生ゴミなどを入れておくNAGUALEPの処理容器が入っています。

素材は食品グレードのセラミックテフロンコーティングを施したアルミニウム素材を採用しており、焦げ付きにくくお手入れが簡単な一級品が使用されていて、かなりの安心感です。

 

処理容器の重さは「1.3kg」と持ち運びやすいので、単独でキッチンに置いておけば生ゴミを直接入れることができて便利でした。

 

処理容器、よくみるとシールが貼ってあり何か書いてあります。

内容は、生ゴミをシール下部のラインを超えて入れないようにとのことでした。そして忘れてはいけないのが、このシール、生ごみ処理する際には外す必要があるので、こちらも注意が必要です。

 

付属品は、説明書や保証書などで、小さな部品などもないので、やはり誰でもカンタンに使えるよう設計されていますね!

 

上記以外のポイント

  • 重さは「8.5kg」と若干、重いですが、安全性、消臭力が高い設計になっています。
  • 持ち手はあるのの、片手で持つには女性やご高齢の方だと少し大変かもしれない。とはいえ、持ち運んで使うものではないので、どこか場所がしっかり決まれば、動かすことは少ないです。
  • 消臭フィルターは6〜8ヶ月で取り替える必要があります。
  • 製品保証は1年間。

 

購入方法

本製品は、クラウドファンディング「Makuake」にてプロジェクトを支援いただくことで購入できます。

プロジェクトを支援する

 

実際に生ごみ処理してみました(野菜編)

さてここからは、NAGUALEPを使って実際に生ごみ処理を行なっていきます。

使用する生ゴミは、見た目はすごく悪く申し訳ないのですが、「白菜の芯」「にらの端っこ」「コーヒーかす4杯分」の「342.5g」になります。

 

中でもコーヒーはよく飲むので、処理できるのはありがたいです!!

 

さて処理するにあたり家庭用のコンセントは使用せず、ポータブル電源のEcoFlow RIVER Maxを使用していきます。

電気容量は「576Wh」と、中容量のポータブル電源になります。

 

もちろんRIVER Maxの電力は、EcoFlow 110Wソーラーチャージャーで充電しましたので電気代0円です!

 

ポータブル電源にコンセントを差し込み、ボタンを押せば開始!

作動時にはこのように、青色に光ります。青色っていうところが、エコ感ありますね。(よくわからん)

 

NAGUALEPは、静音設計になっており、破砕刃などを使わず、内部の研磨棒がゆっくりと回転して乾燥させた生ゴミを粉砕します。

動作音は、すぐ横で測っても「53.4db」、50cmだけでも離れると「40dB〜45dB」と図書館と同じくらいの静かさなので、深夜でもご近所への迷惑を気にすることなく安心してお使い頂けます

 

騒音値の基準と目安表(クリックで開きます)

目安①(うるささ)目安②(身体/生活への影響)騒音値(db)騒音発生源と距離(大きさの目安)
きわめてうるさい聴覚機能に異常をきたす120db・ジェット(飛行機)エンジンの近く
110db・自動車のクラクション(2m)
100db・電車が通るときのガード下
・液圧プレス(1m)
うるさくて我慢できない90db・犬の鳴き声(5m)
・騒々しい工場の中
・カラオケ(店内中央)
・ブルドーザー(5m)
80db・地下鉄の車内
・電車の車内・ピアノ(1m)
・布団たたき(1.5m)
・麻雀牌をかき混ぜる音(1m)
うるさいかなりうるさい、かなり大きな声を出さないと会話ができない70db・騒々しい事務所の中
・騒々しい街頭・セミの鳴き声(2m)
・やかんの沸騰音(1m)
非常に大きく聞こえうるさい、声を大きくすれば会話ができる60db・静かな乗用車
・普通の会話  ・洗濯機(1m)
・掃除機(1m) ・テレビ(1m)
・トイレ(洗浄音) ・アイドリング(2m)
普通大きく聞こえる、通常の会話は可能50db・静かな事務所
・家庭用クーラー(室外機)
・換気扇(1m)
聞こえる会話には支障なし40db・市内の深夜
・図書館
・静かな住宅地の昼
静か非常に小さく聞こえる30db・郊外の深夜
・ささやき声
ほとんど聞こえない20db・ささやき
・木の葉のふれあう音

 

初めての処理では、時間は「2時間34分」の処理時間で、しっかりと有機肥料っぽい見た目に完成されてました!

使用した電力は、EcoFlow RIVER Maxの576Whでは足りず、他の電源を使用しなんとか終えましたが、だいたい600Whほどの電力を消費しました。(この数値は理論値ですので、実際にはこの1割減の540Whほどの消費だと考えます)

 

処理後の重さは「105g」だったので、「70%」ほどの重さまで軽くなる結果となりました。

 

今は観葉植物しかないけど、いずれはベランダ菜園などやってみたいです!!

 

処理容器は丸ごと洗え、食洗機もOKなので、清潔に保てて最高ですね!!

 

初めての処理を終えた考察として、まず電気代ですが、公益社団法人 全国家庭電気製品公正取引協議会の新電力料金目安単価で当てはめると、1Whあたりの電気代は「0.027円」なので、「14.6円」の電気代がかかりました。

 

ヤイユウ
思ったより電気代が高かった理由として、しっかりと水分を切らずに行なったからだと推測しました!

 

ヤイユウ
コーヒーもかなり濡れた状態で処理しましたので・・・2回目には乾燥させて行います。

 

要望としては、蓋にロックがかかって欲しいと思いました。

簡易なロックはあるのですが、すぐずれるので蓋を持って持ち上げた際に外れそうになり結構、危ないです。大きな事故になる前に、改善が必要かもです。

 

あとは、処理容器を本体にはめ込む際に、蓋の凸をうまく本体の凹はめないと、蓋が閉まらないのですが、はめ込みにくい!

せめて、うまくはまる位置に印などがあると、わかりやすく便利だと思います。

 

ヤイユウ
あと、自動停止はいいのだけれど、終わった時にブザー音がなってほしいです。

 

実際に生ごみ処理してみました(果物編)

初めての処理を終え、正直、本当に有機肥料ができたことに感動しました。

ただ、反省点もあったので、2回目はコーヒーの水分はしっかりと抜いた状態で、「柿1個の皮」「みかん2個の皮」「バナナ1本の皮」「卵2個のカラ」「コーヒー2杯分」の合計「196g」で再トライです!

 

ヤイユウ
皮はすべて乾燥はさせていらず、剥いたままです。

 

いざ参る!

 

2回目はg数も少なかったからか「2時間13分」で完成。

 

今回のはなんだか美味しそう。

 

RIVER Maxは残り「21%」を残し、処理できたので、電気代は先程の計算と同様にすると「11円」という結果に!

 

ヤイユウ
処理時間は生ゴミの量、水分量でだいぶ変わると思うので、何度か行い、法則を探ってみたいと思います!!

 

処理後の重量は「59g」だったので、1回目と同様に「70%」ほど軽く生まれ変わりました!

 

生ゴミ処理機「NAGUALEP」レビューまとめ

如何でしたでしょうか?

NAGUALEPは、見た目、操作性、消臭性能、処理性能、すべての面で魅力満載でやばかったですね!!

 

最後に、NAGUALEPがどんな人におすすめなのか提案させていただきます!

NAGUALEPをおすすめする方

  • 家庭から出るゴミを減らしたい!
  • 生ごみ処理機を持っていると補助金が出る地域に住んでいる!
  • 地球の未来に貢献したい!
  • 有機肥料で、植物を栽培したい!

 

日本全体で、ゴミを減らし、地球の未来を守っていく動きがあります。

ですので、お住まいの自治体によっては生ごみ処理機を持っていると申請すれば補助金が出る場所もあるぐらい、今、時代の製品です!

 

NAGUALEPのMakuakeプロジェクトは11月末まで!

現在は最大30%オフで買えるので、このチャンスをお見逃しなく!!

以上、「生ゴミ処理機「NAGUALEP」をポータブル電源とソーラーパネルで電気代0円にして使ってみた!」の記事でした。

 

購入方法

本製品は、クラウドファンディング「Makuake」にてプロジェクトを支援いただくことで購入できます。

プロジェクトを支援する

 

created by Rinker
ECOFLOW(エコフロー)
¥49,800 (2021/11/26 12:24:01時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

この記事も読まれています

-サステナブル
-

© 2019 道なき未知