ポータブル電源

【Jackery240】を徹底解説!定格200W「240Wh/66Ah/3.6V」のおすすめポータブルバッテリー!車中泊・キャンプ・防災用に。

2020年4月20日

こんにちは!夫(ゆう)・妻(まる)と、トヨタハイエース(サニイ)で全国を移動する生活、通称「VANLIFE(バンライフ)」という生き方を実践しつつ、車中泊とキャンプを楽しむ夫婦、「ミチトライフ( @michitolife)」です。

 

今回は【Jackery240】という大人気の「大容量ポータブルバッテリー」の解説記事になります。

 

ポータブルバッテリー界では、世界的に有名な「Jackery」の「一番小さい容量」のモデルになります。

初めてポータブルバッテリーを買う方や、家に1つ「防災用」として置いておきたい、そんな方におすすめです。

 

本記事では下記の項目が解るように丁寧に解説していきます。

  • 【Jackery240】ってどんなポータブルバッテリー?
  • 【Jackery240】は車中泊・キャンプに使えるの?
  • 【Jackery240】は防災に役にたつの?
  • 【Jackery240】の価格は適正なの?

 

まる
「Jackery」ってなんて読むの?ジャッキー?

 

「ジャクリ」だよ〜
ゆう

 

まる
そうなんや〜

 

Appleの元バッテリーエンジニアが立ち上げた、「地球環境の保全に貢献する」という基本理念の素晴らしい会社だよ!
ゆう

 

ココに注意

当ブログでは玄人(くろうと)しかわからない情報などは極力記載せず、

  • 初めて買う方
  • ある程度知識のある方

がポータブルバッテリーを購入される際の参考になる情報を主に載せております。

ポータブルバッテリー の用語辞典」と合わせて読むと、とても解りやすくなっております。

 

「Jackery」関連記事

【Jackery240】のセット内容

まずは【Jackery240】のセット内容から見ていきましょう!

  • Jackery240】製品本体
  • ACアダプター
  • 車載用充電シガーソケット
  • 取扱説明書&保証書
  • 配線収納ケース

「Jackery」のポータブルバッテリーのセット内容はすべて同じになっています。

確定次第、変更します。

ココがポイント

「Jackery」の特徴として

  • ソーラーパネルとの配線が付属されていない
  • 配線専用の収納ケースが付いていて嬉しい
  • 保証期間は24ヶ月

などが挙げられます!

 

ゆう
ソーラーパネルとの配線がセットにないので注意が必要です!

 

【Jackeryポータブル電源240】の電気容量

次に【Jackery240】がどれぐらの電力を溜めておけるかの数値を解説していきます。

 

 

電気容量

定格エネルギー:240Wh
定格容量:66000mAh
電圧:3.6V

 

Jackery240】の用途としては主に、スマホの充電、ランタンの充電、PCの充電、さらには電化製品の充電が主な用途になると思います。

 

そこで「240Wh/66000mAh/3.6V」が様々な電化製品をどれぐらい使用できるのか記載しました!

ココがポイント

  • iPhone (3000mAh/5V)
    :47520Ah / 3000mAh = 15回
  • iPad(9000mAh/5V)
    :47520Ah / 9000Ah = 5回
  • MacBook Pro (18000Ah/5V)
    :47520Ah / 18000Ah = 2.5回
  • 低電力扇風機(16Wh)
    :240Wh / 24Wh = 10時間
  • ランタン(30Wh)
    :240Wh / 45Wh = 5時間
  • 電気毛布(50Wh)
    :240Wh / 75W = 3時間

※当ブログの独自の計算方法ですのでメーカーと差異がありますが、おおよそ合っています
※計算方法に関しては「ポータブルバッテリー の用語辞典」を参照するとすべて解ります

 

ゆう
使用量によりますが、車中泊やキャンプ、防災時に使うのであれば、「1日~2日の容量」になります!

 

【Jackeryポータブル電源240】の出力規格・出力方法

次に【Jackery240】は、どのような電力を発生させるのかを解説します。

 

 

AC出力規格

まずは「コンセント」を差し込んだ時に流れてくいる電力を解説します。

  • 電圧:100V/2A
  • 周波数:60Hz
  • 波形:正弦波
  • 定格出力:200W
  • 最大出力:400W
  • 1口

 

「Jackery」のポータブルバッテリーはすべて「100V」のAC出力なので安心できるのですが、「周波数が60Hzのみ」の対応というところに注意です。

 

ゆう
地域によっては使うことで壊れてしまうかもしれない電化製品があることに注意してください!

 

「周波数」については「ポータブルバッテリー の用語辞典」で詳しく解説しております。

 

USB出力規格

「USB」はどんな規格なのか、最近は特に大事なところですよね!?

  • USB Type-A(5V / 2.4A):2口

 

この容量のポータブルバッテリーで「USB出力」が充実しているモデルは他社含めても少ないですが、、最近の流れであれば、「USB-C」の出力が1口でもあれば最高だと思います。

 

ココがおすすめ

「急速充電」や「USB-C」が必要な方は「シガーソケット」出力で利用できる

Anker PowerDrive Speed+ 2-1 PD & 1 PowerIQ 2.0を差し込むと急速充電可能でおすすめです!

 

DC出力規格 / シガーソケット

ポータブル冷蔵庫や炊飯器やデジタル機器を充電するときに流れてくる電力はどうでしょうか?

  • シガーライトソケット 12V 10A 1口

 

ココに注意

「Jackery」のポータブルバッテリーの特徴として他のモデルもすべて「DCポート」による出力は採用されていません。

デジカメ、カメラなどの充電にはお気をつけください!

 

ただ、シガーソケットによる出力は対応しているので、「車内炊飯器」や「ポータブル冷蔵庫」などが使用可能となります。

「車内」で使えるおすすめのポータブル炊飯器「5選」も別の記事で紹介しておりますので合わせてどうぞ!

【Jackeryポータブル電源240】の入力規格・入力値

次は【Jackery240】の充電方法や、充電時間について解説していきます。

 

コンセント充電

コンセントによる充電は付属のACアダプターを使います。

約6.5時間」で充電がフルになります!

(ACアダプターは高温になりますので取り扱いにはお気をつけください)

 

ゆう
240Whの容量で「6.5時間」は充電速度は遅いので、お出かけの際はお気をつけて!

 

シガーソケット充電

車で充電できる、車中泊やキャンプの際にはなくてはならないシガーソケット充電にもしっかり対応しています。

また配線もセットで同封されていますので別途購入の必要はございません。

約6.5時間で充電がフルになります!

 

ソーラーパネル充電

最後はソーラーパネルでの充電の内容です。

  • 【Jackery SolarSaga 60】の「ソーラーパネル」での充電推奨
  • MPPT(最大電力点追従機能)方式採用

MTTP方式とは、ソーラーパネルで生み出された電力がほとんど衰えることなく充電される方式のことをいいます!

 

Jackery SolarSaga 60】のソーラーパネルを購入すると【Jackery240】に充電するための「ケーブル」が付属されています。

 

 

ソーラーパネルでの充電がしたい方は「セット」で購入すると別途にケーブルを購入しなくて済むのでおすすめです。

【Jackeryポータブル電源240】 のディスプレイ

「Jackery」のポータブルバッテリーの液晶画面は、他のモデルもすべて同じになっております。

 

バッテリー残量が「電池のメモリ&%表示」「入力値」「出力値」全て見やすくなっており素晴らしいディスプレイです!

 

ゆう
シンプルかつ、抑えるとこは抑える、いいディスプレイです!

 

【Jackeryポータブル電源240】の大きさ・重さ

次は大きさや重さを紹介していきます。

持ち運びできるのか?できないのか?ポータブルバッテリーを買う際に大きく決め手となる要素です。

 

Jackery240】の大きさと重さの詳細

品番大きさ重さ持ち運び可否
Jackery240230mm(L)
133mm(W)
167mm(H)
3.2kg可能

 

他社の同じ容量のポータブルバッテリーと比べると

  • 大きさ 標準
  • 重さ 標準

取手は、「滑り止めシリコンパッド」により、他社のポータブルバッテリーと比べても圧倒的に持ちやすいのが特徴ですね。

 

【Jackeryポータブル電源240】の価格

やはりポータブルバッテリーを買う上で一番大事な要素は価格です。

 

 

ゆう
当ブログのオリジナルの価格診断で見ていきましょう!!

 

Jackery240】の販売価格 25800円です。(税込み)

価格が高いのか安いのかは「1Whのコスト」をみると分かってきます!

 

Jackery240】であれば25800円でバッテリー容量が240Whなので、

25800 ÷ 240 = 107.5

つまり「1Whのコストが107.5円」になります。

 

ここで、当ブログのオリジナル価格基準に当てはめると「標準価格」ということがわかります。

当ブログオリジナル価格基準

1Whの価格

  • ~70円:激安価格
  • 71円~90円:割安価格
  • 91円~120円:標準価格
  • 121円~:割高価格

 

では、性能面の要素を考慮し、価格の最終判断していきます。

ココがポイント

  • ソーラーパネル配線なし
  • USB出力がもう一歩
  • 正弦波
  • AC出力が60Hz対応のみ
  • DC出力なし
  • コンパクト
  • 見た目がスタイリッシュ
  • 取手が素晴らしい
  • 「Jackery」という安心できるメーカー
  • パススルーは対応だが非推奨

 

 

ココに注意

Jackery240】はパススルー対応です。

パススルーとは充電しながら、電力を使用することです。

パススルーに関しては、実際ほとんどのポータブルバッテリーで可能ですが、バッテリーに負担がかかるためメーカーは推奨しておりません。

パススルー可能とメーカーが公表していても劣化が進むことに注意してください!

 

上記の要素を踏まえて、当ブログの価格の最終判断は「標準価格」とさせていただきます!

 

ゆう
性能面ではあと一歩欲しいのですが、「Jackery」製品ということで「標準」に!

 

【Jackeryポータブル電源240】のまとめ

商品名Jackery240
写真
セット内容
  • Jackery240】製品本体
  • ACアダプター
  • 車載用充電シガーソケット
  • 取扱説明書&保証書
  • 配線収納ケース
定格エネルギー240Wh
定格容量66.6Ah
電圧3.6V
AC出力規格
  • 電圧:100V/2A
  • 周波数:60Hz
  • 波形:正弦波
  • 定格出力:200W
  • 最大出力:400W
  • 1口
USB出力規格
  • USB Type-A(5V / 2.4A):2口
DC出力・シガーソケット
  • シガーライトソケット(12V/10A):1口
 ACコンセント充電 約6.5時間でフル
 シガーソケット充電約6.5時間でフル
 ソーラーパネル充電
 大きさ230mm(L)
133mm(W)
167mm(H)
 重さ 3.2kg
価格25800円
充放電サイクル不明(およそ800回と予想)
対応温度・湿度-10℃~40℃、
電池種別高エネルギー円筒型リチウムイオン電池

 

如何でしたでしょうか?

ポータブルバッテリーを全世界で40万台も販売した「Jackery」の「一番小さな容量」のモデルになります。

  • 初めてポータブルバッテリーを買われる方
  • 車中泊やキャンプを始めたばかり
  • 防災用に1つ置いておきたい
  • 「Jackery」のファンだ

という方におすすめのポータブルバッテリーです!

以上、【Jackery240】を徹底解説!定格200W「240Wh/66000mAh/3.6V」のおすすめポータブルバッテリー!車中泊・キャンプ・防災用に。の記事でした。

「Jackery」関連記事

ポータブルバッテリー容量別検索


この記事も読まれています

この記事はどうでしたか?

よく読まれている記事

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10

-ポータブル電源
-,

© 2019 道なき未知