おすすめスポット アウトドアスポット

【観光スポット】くせになる醤油ソフト!醤油発祥の地、和歌山県「湯浅醤油(丸新本家)」に行ってきた。

2019年11月12日

こんにちは!夫(ゆうすけ)・妻(ちあき)と、トヨタハイエース(サニイ)で全国を移動する生活、通称「VANLIFE(バンライフ)」という生き方を実践しつつ、車中泊とキャンプを楽しむ夫婦、「ミチトライフ( @michitolife)」です。

 

今回私たちの食事にも深いかかわりのある醤油発祥の地、「湯浅醤油」を体験しに行ってきました!

 

私たちが「湯浅醤油」に行ったのは、煙樹ヶ浜での車中泊の帰り。

ゆう
道沿いの大きな看板が目に入りました!

 

湯浅は醤油発祥の地と聞いたことはあったのですが、湯浅の場所も知らず。

運よく見つけたのでさっそく行ってみることに。

 

想像以上においしい「追い醤油できる醤油ソフト」もご紹介します!

 

ゆう
私たちも醤油購入しました!さてどんな醤油を買ったでしょう?

人気の醤油も紹介します!どうぞ最後までお付き合いください♪

 

 

和歌山県 湯浅醤油はどこにある?

湯浅町は大阪駅から高速道路経由で1時間30分和歌山の白浜からは約1時間の場所にあります。みかんで有名な有田市の隣にある町です。

湯浅醤油有限会社(丸新本家)は、国道42号線沿いにあり、金山寺味噌の大きな看板が目印です。

 

13台程度の車と、3台大型バスが止まれる駐車スペースがあります。

訪れたのは平日の日中だったので、1~2台の車でした。

 

和歌山県 湯浅町は醤油の発祥地

湯浅醤油の歴史

湯浅は醤油発祥として有名ですが、元々中国で野菜と大豆から作られた金山寺味噌が健康食として盛んにつくられ、それが湯浅周辺にも伝わったことが始まりです。

金山寺味噌を作る際に、味噌に入れる瓜やナスなどの野菜からでる水分は捨てられていたそうですが、それを調味料として使ってみるとおいしかったので、初めからこの汁を利用するつもりで造られ、改良されて醤油になりました。

ゆう
この金山寺味噌のおかげで、醤油ができたんだね~。初めて知りました!

 

和歌山県 湯浅町で醤油工程見学

ここでは、醤油をつくる過程を見て周ることができます。

予約をすれば1人から案内してもらえますよ♪

今回はゆっくり自分たちで周りました!

 

工場見学についてはこちら。

湯浅醤油工場見学

  • 見学所要時間 約20分
  • 見学時間 9:00〜16:00
  • メール予約:kuyou@yuasasyouyu.co.jp
  • 予約(TEL) 0737-62-2100(受付時間 9:00~18:00)

 

ゆう
他にも、樽のなかを櫂(かい)という船を漕ぐときのパドルのようなものを使ってまぜたり、マイ醤油を作る体験もできます!
ゆう
それはなかなかできない体験だね~♪

櫂入れ体験とマイ醤油づくりができる「わくわく体験」(有料)

醤油作り体験では、500mlのペットボトルにもろみを仕込んで自宅へ持ち帰り、1年かけて育てます!家庭での手入れ方法も教えてくれますよ♪

  • 料金:1,500円
  • 所要時間:約1時間
    ※要予約(9月1日~12月31日までは繁忙期のため体験はお休みです。)

 

さて、私たちは2人で見学に出発。

ゆう
怪しさ満開でいきます。

眩しさに弱いので、サングラススタイル。フォーク曲げができそうな感じが…

見学入口までに、いくつか展示がされています。

こちらは醤油差し。ガラスのレトロな醤油差しがかわいいです。

 

湯浅醤油の歴史が書かれています。

 

見学入口はわかりやすい!

 

入るとすぐに樽が!人が5人くらい並べそうな大きさ。

 

その場その場に説明が合って、「へ~へ~!」って言いながら進みます。

 

ぜひ、現地へ行ってみてみてください♪

 

もろみに圧をかけて絞るための布。触感はつるつる、そしてしっかりしていました。

 

熟成発酵には約1年半~2年間、それ以外にも各工程に時間がかかっていて、湯浅醤油が手間暇かけて作られていることがわかります。

 

2階へ上がると上から作業を見学できます。茶色いものは熟成したもろみを絞ったあとのものです。

 

「しょうちゃん」というちょっと怪しいキャラクターもいます。

 

櫂(かい)入れを雰囲気で体験できます。

 

一本どうですか?

 

充填しているところも見れます。

ゆう
1本1本人入れられている!

     

金山寺味噌の試食も。

白いごはんを持ち込みたい。
             

見学が終わると、お店に続きます。

そりゃーもう醤油欲しくなるよね。

 

和歌山 湯浅工場なら味見ができる。

壁一面の試食コーナー。金山寺味噌も醤油も試食ができます。

          

初めての人も醤油の選び方を教えてくれます。

 

ゆう
醤油は全部試食しました!

ポン酢やカレー醤油などバラエティー豊か。

これは反則!の金山寺味噌はこちら。

すいません。2回食べてしましました。でも、開けたら保存できないので、断念しました…。
ゆう
にんにく金山寺味噌と白ご飯で3食まかなえそうです。

 

私たちが選んだ醤油はコレ!

金山寺味噌は諦めて、醤油を。

私たちが選んだのは「九曜むらさき」醤油

金山寺味噌から3%しかとれない希少なたまりを使ったまろやかな、元祖醤油です。

 

他にも10種類程ありますが、こんなに味比べができるのは醸造元だからこそ。

 

そして、一番人気は・・・

数量限定の「魯山人」醤油!!

自然栽培の素材と伝統的な造り方にこだわった甘くまろやかで香り高い醤油です。

ゆう
個人的には塩分が15%でちょっと塩辛さが強く感じました。

 

個人的に欲しいけど、ちょっと高くて断念したのは、燻ししようゆ。

燻製の香ばしさが強く、食材のおいしさを引き立ててくれそうな醤油だと思います♪食材を燻製するという手間を省いて手軽にあてが作れます!

クリームチーズにかけたい・・・。

醤油の保存については、空気に触れることで酸化し、色や香り、風味が落ちるので、冷蔵庫に保管がいいとされています。

私たちは冷蔵庫がないので、味は落ちてしまいますが、常温保存も可能とお店の方に伺ったので、常温保存で使用していますよ~!

 

和歌山県 湯浅醤油でおすすめの醤油ソフト

 

そうそう、忘れてはいけないのがこの醤油ソフト。

みなさん、甘味と塩味が一体になっているもの、好きですよね?

チョコレートとポテトチップスを交互に食べるとか、塩キャラメルポップコーンとか…。どうですか?

 

「好きだよ。」と言ってくれる、あなたに。

出ました!

醤油ソフトクリームです。しかも、追い醤油あり

とりあえず、甘い物に浮かれた私の横に、ヘンな人います。

鼻は高めなので、私よりはサングラスがフィットしています。

 

さてさてさ~て、

追い醤油しましょう!!

プッシュ式の醤油差しでちょっとずつ。

 

その部分をスプーンですくうスタイルです。これが・・・・

おいし~!!

このソフトクリームと一緒に食べると醤油がまるで「カラメルソース」のよう!!絶妙にマッチ!甘すぎないソフトクリームもおいしい。

何度も追い醤油しました。

 

※塩分過多にならないように気を付けてください!

 

この写真を見ながら、

また食べたい。

と思ってしまうらいのくせになるソフトクリームでした。

 

調べてみると他にも和歌山県以外にも醤油ソフトクリームを出しているところがあるので、色々試してまたレポートします♪

スポンサーリンク

和歌山 湯浅の周辺情報

和歌山県 重要伝統的建物群に指定された街並み

湯浅町には湯浅醤油にまつわる「重要伝統的建物群」に指定された、江戸時代そのままの街並みが残っています。

後々見てみると、湯浅町は訪れてみたい場所が他にもたくさんありました!

和歌山県へ行く方はチェックしてみてはいかがでしょうか?

詳しくはこちら

 

和歌山県 湯浅町の特産「しらす」

「しらす屋ゆあさ湾 則種(のりたね)」

湯浅町はしらすの水揚げ量県下一。

後程紹介するミカン農家の方にオススメいただいたしらす丼のお店。

しらすの量も多く、鮮度もいいとの口コミもあり、1000円以内で食べられるしらす丼に期待だったのですが、残念ながら定休日。

近くへ行くかたはぜひ堪能してきてください!

 

和歌山県 おいしいミカンの「林農園」

国道42号線沿いを走っていて見つけた「林農園」。

しっかり見て走らないと過ぎ去ってしまうので注意です!

林農園で早生(わせ)みかんを買ったのですが、これが甘くてすごく美味しい!

和歌山で2回、それ以外にも2回みかんを買ったり、試食もしたけど、

今年一番味が濃くて美味しかったのは「林農園」のみかんでした!

たまたま伺ったのですが、もし通りかかることがあれば、おすすめします!

車旅でふらっと寄った湯浅町。まだまだ全部は見れずですが、また来てみたいと思う場所でした♪

皆さんに一つでも役に立つ情報があれば幸いです。

 

以上、

「くせになる醤油ソフト!和歌山県の醤油発祥の地「湯浅醤油工場」に行ってきた」の記事でした!

 

里山ベースハナビ
【車中泊スポット】大阪府「里山ベースハナビ」は快適に泊まれて心も温まる場所だった。

続きを見る

DDVillage
【車中泊スポット】滋賀県湖西のCarstayステーション「DenDenVillage」は観光の拠点に抜群で広々泊まれるスポットです!

続きを見る

和歌山車中泊
【車中泊スポット】和歌山県「煙樹ヶ浜(えんじゅがはま)」の駐車場は夕焼けと星空に息をのむ、秋お勧めのスポットです。

続きを見る

富山県車中泊
【車中泊スポット】富山県「宮崎・境海岸駐車場」は、ヒスイ海岸が目の前の海水浴にぴったりの公共駐車場!

続きを見る

兵庫県車中泊
【車中泊スポット】兵庫県の無料キャンプ場 古法華(ふるぼっけ)自然公園はちょっと変わった車中泊スポットだった。

続きを見る

この記事も読まれています

この記事はどうでしたか?

よく読まれている記事

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10

-おすすめスポット, アウトドアスポット
-, ,

© 2019 道なき未知