おすすめスポット バンライフスポット 車中泊可能スポット

【スノーピーク ヘッドクォーターズキャンプフィールド】に行ってきました!ここは新潟県三条市スノーピーク本社にあるキャンプ場なのです!

こんにちは!夫(ゆうすけ)・妻(ちあき)と、トヨタハイエースで全国を移動する生活、通称「VANLIFE(バンライフ)」という生き方を実践しつつ、CAMP(キャンプ)を楽しむ夫婦、「ミチトライフ( @michitolife)」です。

 

今回は、バンライフ中に訪れた、有料キャンプ場「スノーピーク ヘッドクォーターズキャンプフィールド」のご紹介です。

  • 「スノーピーク ヘッドクォーターズキャンプフィールド」ってどこにあるの?
  • 「スノーピーク ヘッドクォーターズキャンプフィールド」ってどんなところ?
  • 「スノーピーク ヘッドクォーターズキャンプフィールド」周辺って何かあるの?

と新潟県三条市にある「スノーピーク ヘッドクォーターズキャンプフィールド」や、周辺の情報などをご紹介します。是非、新潟県の車中泊の旅や、キャンプなどを楽しむ為にお役立てください!

 

まる
一度は行ってみたかったキャンプ場なので行けて嬉しかった!

 

ほんとに憧れていたので行けて最高だったね!!
ゆう

 

 

※実はこの日は台風が日本に接近していたため、晴れていたのですがかなりの強風でした・・・・

 

 

スノーピーク ヘッドクォーターズキャンプフィールドとは?

スノーピーク ヘッドクォーターズキャンプフィールドとは

そこは小高い丘陵地帯。広さは約5万坪。牧場のために開かれた草原で、天気のいい日には近隣の粟ヶ岳や守門岳が美しい姿を見せます。春から秋は緑の草原で、冬はあたり一面雪で覆われ真っ白な世界が広がります。丘になっていることから、周囲のあかりは入り込まず、切り取られた空に星がきらめきます。また、ストアでは現在のスノーピークの全ての商品ラインナップを手に取ることができるのはもちろん、実際にフィールドに設営した商品を確認することができ、より皆様が使用するシーンに近い形で商品を選ぶことが可能です。レンタル品の貸し出しも行っており、道具を持たない初心者の方も安心してご利用いただけます。

※スノーピーク ヘッドクォーターズキャンプフィールド公式より転載

 

スノーピーク ヘッドクォーターズキャンプフィールドの場所

「スノーピーク ヘッドクォーターズキャンプフィールド」は新潟県三条市にあります。

  • 新潟市から約1時間

「スノーピーク ヘッドクォーターズキャンプフィールド」近辺は、若干の山道になり道が狭くなりますのでお気を付けください。

スポンサーリンク

スノーピーク ヘッドクォーターズキャンプフィールドの詳細

「スノーピーク ヘッドクォーターズキャンプフィールド」にはAサイトからHサイトまでの8サントが存在します。

12m×12mを基準にした場合、A~Hまでとその他、電源ありサイトなどすべて含めると約200サイトほどの広大なキャンプ場になります。

 

ゆう
私たちはFの赤い〇のところにテントを張りました!

 

周りに人がいなくて穴場だったのかも!?
まる

 

お盆期間にも関わらず、写真のように周りに人がいなかったのでこの場所に決めました!周りより窪んだ地形になっているので景色は少し悪くなりますが静かで広々使えたので、かなり気にりました。

 

ゆう
普段はけっこう空いているそうですよ!

 

「スノーピーク ヘッドクォーターズキャンプフィールド」の料金の詳細はこちらです。

シーズン料金設定レギュラーシーズン 4/1~10/31 
オフシーズン 11/1~3/31
宿泊料金レギュラーシーズンご利用料金/泊:大人1,500円(税込)、子ども500円(税込)
オフシーズンご利用料金/泊:大人1,000円(税込)、子ども300円(税込)
積雪期駐車場、サイト整備費用として 一組/514円(税込)
デイキャンプ時間9:00 ~ 17:00
料金レギュラーシーズンご利用料:大人500円(税込)、子ども300円(税込)
オフシーズンご利用料:大人 300円(税込)、子ども 無料(税込)
積雪期駐車場、サイト整備費用として 一組/514円(税込)

あのお高いスノーピーク様のキャンプ場だから、さぞや高級なのだろう!と思っていたのですが、普通のキャンプ場の価格とそこまで差がなく嬉しい誤算でした。

スポンサーリンク

その安くて、広大な「スノーピーク ヘッドクォーターズキャンプフィールド」のキャンプ場を写真と共にご紹介していきます!

まずは入り口付近の写真スポットから!

 

まる
スノーピーク本社の映えスポット!!

 

キャンプ場、入り口から撮った写真になります。Aサイト、およびBサイトあたりになります。

この写真は、Bサイト、Cサイト、Eサイトが見える場所です。

私たちがキャンプしたFサイトからの夕焼けの写真です。周りに何もないので空が広く、星も綺麗でした。

スノーピークが販売している、モバイルハウス住箱も宿泊可能なので興味のあるかたは試してみてはどうでしょうか?

「スノーピーク ヘッドクォーターズキャンプフィールド」の公式HPはここをクリック!

 

トイレをレビュー

キャンプ場のトイレって場所によるけど、清潔でなかったり虫が多いところもありますよね?

では「スノーピーク ヘッドクォーターズキャンプフィールド」のトイレはどうだったのでしょうか?レビューします。

  • ウォシュレット:あり
  • 暖房便座:あり

  • ハンドドライヤー:あり
  • ハンドソープ:なし(アルコールあり)

 

ゆう
男トイレ確認OK!最高ランクに綺麗でした!さらに寒い冬にはヒーターがあるので助かりますね!

 

女トイレ確認OK!同じく最高ランクに綺麗でした!
まる

スポンサーリンク

炊事場をレビュー

「スノーピーク ヘッドクォーターズキャンプフィールド」のキャンプ場には当然ながら炊事場があります。

とても広大な敷地のためAサイト~Hサイトの8サイトにひとつずつ炊事場があるのですごく助かりますよね!

洗剤なども完備されています!!

 

洗濯機をレビュー

「スノーピーク ヘッドクォーターズキャンプフィールド」には無料で24時間、洗濯機が使えます。

キャンプユーザーは洗濯機なんて使わないという方もいるかもしれませんが、私たちのように中長期にわたり車中泊するユーザーにとってはコインランドリー代が浮くのでとても助かりました。

洗剤も完備されてます!!

 

シャワーをレビュー

「スノーピーク ヘッドクォーターズキャンプフィールド」には、24時間使用可能のシャワーがあります。

熱い夏場であれば、シャワーだけで済ますことができるので大変助かりますよね。

 

ゆう
もちろん使用は無料!!

 

シャワーは人一人はいれるぐらいの大きさで、男性2個、女性2個の計4個設置されています。

※石鹸・シャンプー・ボディーソープなどはありませんのでお気を付けください!

このシャワーには脱衣所があるのですが、たくさんの人が使用していて、かつ夜中の23時ぐらいだったのでスタッフの方も退勤されていたので清掃や管理が行き届いておらず綺麗ではありませんでした。

下に敷かれているマットもびしょびしょ、クイックルワイパーもびしょびしょで対処不可でした。

 

ゆう
個人的な意見ですが、脱衣所も排水溝を設置し、「すのこ」でかさ上げした状態で通水マットなどを引くとだいぶ改善されるのではないかと思います。

 

このように外れかかっているにも関わらず処置されてないので、シャワーの管理は少し手が回っていないのかな?と感じました。

使わせてもらっているだけでもありがたいので、使用上の注意を守り、みんなで清潔に使っていきたいですね!

ちなみに、男女ともに1つずつですが「ドライヤー」が設置されています。すごく助かりますよね!!

 

ゆう
はっきり言ってこんな素晴らしいキャンプ場はめったにないレベルでした!

 

さすがスノーピーク様☆彡
まる

 

キャンプの買い出しはどこですればいいの?

もちろんキャンプといえばBBQなのですが、この「スノーピーク ヘッドクォーターズキャンプフィールド」周辺で買い出しにいける場所はあるのだろうか?と疑問に思う人もいると思います。

実際には、キャンプ場内の受付の施設で氷や飲み物、一部の食べ物などは購入できます。

しかし、外に買いに行った方が当然、豊富になんでもありますので私たちが実際に行った買い出し先をご紹介しますね。

スポンサーリンク

豚肉を買うのであればここ!

「スノーピーク ヘッドクォーターズキャンプフィールド」から車で8分のところに「フードショップヨコタ」というお店があります。

とても小さなスーパーですが、ここの魅力は中に「横田精肉店」が入っており、この新潟県三条市周辺で有名な新鮮な豚肉が売られています。

 

ゆう
豚のホルモンなども格安で売っているので買いました!

 

豚肉以外は大型スーパーで!

「スノーピーク ヘッドクォーターズキャンプフィールド」から車で20分と少し距離があるのですが、「スーパーマルイ 大崎店」という大型スーパーがあります。

先ほどの「フードショップヨコタ」と同じ方向ですので、「スーパーマルイ 大崎店」に先にいってしまい帰りに豚肉が欲しい場合は寄ればいいと思います。

 

まる
ちょっと奮発してみました!!

 

ホームセンターも道沿いにあります!

食材以外で足らないものがある場合は、「スーパーマルイ 大崎店」に行くまでに「ホームセンタームサシ下田店」がありますので、炭などが必要な場合は購入するとよいでしょう!

 

「スノーピーク ヘッドクォーターズキャンプフィールド」でいざキャンプ!

 

まる
さぁいざキャンプ!

 

私たち夫婦は、基本「車中泊」スタイルなのでテントは持っておらずタープを貼ります。寝るのは当然、車の中になります!

直火禁止なのでしっかりと、焚火台シートを引きます。あとは必ず耐熱アルミホイルでBBQコンロを覆うことで耐久性のUPと片付けるさいの手間を省きます。

 

created by Rinker
ロゴス(LOGOS)
¥1,870 (2020/04/09 12:10:07時点 Amazon調べ-詳細)

 

買ってきた食材をどんどん焼いちゃいます!!枝豆まで!!

夜が更けるまで、二人でゆっくりすることが出来ました!

あとは、寝る準備しておやすみなさい~

 

まる
朝起きると天気もよく、車越しに見る「スノーピーク ヘッドクォーターズキャンプフィールド」が最高に心地いい。

 

さて、朝ごはんは私たちの新兵器、100均の袋に入れられているスノーピーク「HOME & CAMP バーナー」の登場です。

→【HOME&CAMPバーナー】のレビュー記事はこちらから!

created by Rinker
スノーピーク(snow peak)
¥10,978 (2020/04/09 18:13:48時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

だいたいキャンプ場での朝は、ホットサンドが定番化しています。

ホットサンドの中身は、イナバの「バターチキンカレー」と「チーズ」が入っています。

中身を見せない理由は、カレーとチーズが見た目あんまり美味しそうじゃないからです。

 

あとはルールをしっかりと守ったうえでお片付けして、最高の「スノーピーク ヘッドクォーターズキャンプフィールド」を満喫できました。

スポンサーリンク

 

ミチトライフ的まとめ

「スノーピーク ヘッドクォーターズキャンプフィールド」ポイントまとめ

  • 大自然で広大なキャンプ場
  • 比較的リーズナブルなキャンプ場
  • トイレは男女ともにとても綺麗
  • 24時間は入れるシャワーがある
  • 洗濯機も無料で使える
  • 買い出しにいけるスーパーがある
  • スノーピーク内でも買い出しできる
  • お盆などは混むが普段は空いている
  • スノーピーク本社のキャンプ場でキャンプできる優越感がたまらない

 

「スノーピーク ヘッドクォーターズキャンプフィールド」評価

  • キャンプ場の静けさ
  • (4.0)
  • 施設の綺麗さ(炊事場・トイレ・シャワー)
  • (4.0)
  • コンビニやスーパーの近さ
  • (3.0)
  • 自然の豊かさ・解放感
  • (4.5)
  • スノーピーク度
  • (5.0)
  • ミチトライフ評価総合
  • (4.0)

 


如何でしたでしょうか?

車中泊の旅で新潟県に来たのも、前からとても行ってみたかった「スノーピーク ヘッドクォーターズキャンプフィールド」に行きたかったからです。

ここに来れて、今回の車中泊旅は最高のものになりました。新潟県に来た際は、読者の皆様も是非、行ってみてください!

以上、【スノーピーク ヘッドクォーターズキャンプフィールド】に行ってきました!ここは新潟県三条市スノーピーク本社にあるキャンプ場なのです!の記事でした。

 

スノーピーク本社建屋内にある「Snow Peak MUSEUM」にも行ってきましたので、是非よんでいただきたい!

Snow Peak MUSEUM
【Snow Peak MUSEUM】スノーピーク本社の内部を潜入してきた!!最高のギアはここから生まれていた!

続きを見る

 

 

VANLIFE
【VANLIFE(バンライフ)】とは?すべての疑問にお答えします!そしていつの日か「誰もが憧れるバンライフ」から「誰もが楽しめるバンライフ」へ!

続きを見る

車中泊
初心者でもできる「車中泊」!必要なグッズ決定版?!私たちはこれで始められました!

続きを見る

H&Cバーナー
【HOME & CAMPバーナー(GS-600)】を発売日に買いました!さすがsnow peak!これがカセットコンロの進化系なのか! ?設置方法は動画付きで公開しています!

続きを見る

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
ゆう

ゆう

バンライフとキャンプを愛する夫婦【ミチトライフ】の夫「ゆう」です。 趣味は筋トレ。ビール大好きのアラフォーです。 ブラック企業で鬱になりかけ退職。その後スポーツインストラクターを経て、海外へ留学。帰国後会社員になりました。 道なき未知に挑戦するために夫婦でバンライフを開始し、リモートワークを実現するために日々勉強中。どうぞよろしくお願いいたします。

よく読まれている記事

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10

-おすすめスポット, バンライフスポット, 車中泊可能スポット
-,

Copyright© ミチトライフ~VANLIFEと車中泊のブログ~ , 2020 All Rights Reserved.