車中泊用品 車中泊&キャンプ用品

【GP1200】と【GP1500】はコスパ最強の「1000Wh」超え高性能ポータブルバッテリーだった!車中泊、アウトドア、防災用に買って損なし!

こんにちは!夫(ゆうすけ)・妻(ちあき)と、トヨタハイエース(サニイ)で全国を移動する生活、通称「VANLIFE(バンライフ)」という生き方を実践しつつ、車中泊とキャンプを楽しむ夫婦、「ミチトライフ( @michitolife)」です。

 

今回は【GP1200】と【GP1500】という次世代のポータブルバッテリーの紹介記事になります。

最近では、この二つのポータブルバッテリーがどんどん性能がよくなっており、始めに紹介した時より性能がアップしております。

ですので、最新情報が出るたびに更新していきます。(最終更新2020/1/28)

 

  • 【GP1200】【GP1500】ってどんなポータブルバッテリー?
  • 【GP1200】【GP1500】は車中泊・アウトドアに使えるの?
  • 【GP1200】【GP1500】は台風なども防災に役にたつの?
  • 【GP1200】【GP1500】の価格は適正なの?

 

と車中泊やキャンプはもちろん、防災面に適しているのか?また価格は適正なのか?を検証していきます。

 

まず結論からいうと、現在2020年の序盤で販売されている1000Wh以上のポータブルバッテリーの中ではコスパが最強です。しかも高性能!

 

ゆう
現在かなり売れているポータブルバッテリーの一つです!

 

私たちも「suaoki(スオアキ)」の【PS5B】というポータブルバッテリーを持っており、【GP1200】【GP1500】はメインバッテリーとして購入を検討しております。

 

ゆう
ちなみにアウトドアをする方々だけが購入していたポータブルバッテリーでしたが、防災面でも需要が高まっています。

 

@NSS ポータブル電源 1.2kWh 1200Wh 純正弦波 1000W 超大容量 ポータブルバッテリー 超高出力 QC3.0/type-c対応 ジャンプスターター ハイパワー インバーター ソーラーチャージャー 車中泊 太陽光発電 家庭用蓄電池 防災用品 発電機
@NSS
@NSS ポータブル電源 1.2kWh 1200Wh 純正弦波 1000W 超大容量 ポータブルバッテリー 超高出力 QC3.0/type-c対応 ジャンプスターター ハイパワー インバーター ソーラーチャージャー 車中泊 太陽光発電 家庭用蓄電池 防災用品 発電機
@NSS

 

 

 

【GP1200】【GP1500】のスペック

車中泊やキャンプ、災害時には数日間、電力が必要になるケースもありますので、電気容量が1000Whを超えるようなポータブルバッテリーの需要がどんどん上がってきています。

ではこの次世代のポータブルバッテリー【GP1200】【GP1500】のスペックはどれぐらいのものなのでしょうか?

 

 

 

電気容量

まずは、【GP1200】【GP1500】が電気をどれぐらい貯めておけるのかの数値「Wh(ワットアワー)」を見ていきましょう!

※Whとは1Wの電力を1時間消費した場合を1Whと言います。

 GP1200GP1500
電気容量1200Wh1700Wh

 

 

この1200Whや1700Whがどれぐらいなのか他社製品のポータブルバッテリーと比較していきます。

品番Wh(ワットアワー)
PS5B(suaok)400Wh
EFDELTA1200Wh
G1000(suaok)1182Wh
G1200(suaok)1200Wh

 

ポータブルバッテリーで有名なメーカーの「suaoki(スアオキ)」のポータブルバッテリーの中では【G1200】が最大電気容量になるので、【GP1500】はなんと500Whも上回っていることになります。

 

ゆう
1700Whも容量があるポータブルバッテリーはほとんどありません!

 

 

【GP1200】【GP1500】の出力規格&出力方法

次は【GP1200】【GP1500】のAC出力規格や出力方法について見ていきましょう!

 

 

AC出力規格

 GP1200GP1500
電圧100V
周波数50/60Hz
波形正弦波
定格出力1000W1500W
瞬間最大出力1200W1700W

 

まずここで注目するところは「正弦波」です。

しっかりと説明すると難しいので省きますが、この「正弦波」と書かれているポータブルバッテリーがあれば、「電気毛布」など電気を与えることで熱を発生するような電化製品が使うことができるんです。

言い換えると「正弦波」と書かれていないポータブルバッテリーは「電気毛布」などは使用しても熱を発生させることができないので注意しましょう!!

 

ゆう
車中泊やキャンプ、防災用として買う場合は必ず「正弦波」のポータブルバッテリーを買うようにしましょう!

 

 

次に注目すべきは定格出力1000Wと1500Wです。

ポイント

この数値が大きければ大きいほど、消費電力の大きい「ドライヤー」や「電子レンジ」、「IHクッキングヒーター」なども動かすことができます。

 

先ほどの「suaoki(スアオキ)」のポータブルバッテリーであれば【G1000】と【G1200】が定格1000Wなので【GP1500】の1500Wというのは破格の数値になります。

 

おおよそですが、電化製品別に動作可能かどうかの表を記載します。ただ、メーカーや仕様によっては表と一致せず動作しない場合がありますので参考程度に記載します。

 GP1200GP1500
ドライヤー
電子レンジ
IHクッキングヒーター

 

ゆう
外にいながらもドライヤーなどを使って髪を乾かしたい場合は、【G1500】の購入をおすすめします。

 

 

出力方法

AC電源100V

 GP1200GP1500
AC電源2口2口

 

DC電源12V

 GP1200GP1500
DC電源2口2口

 

USB出力

 GP1200GP1500
USB QC2.12口2口
USB QC3.02口2口
USB-C(PD3.0)1口1口

QC(クアラコム)とは数値が大きいほど早く充電できると言う呼び名みたいなものなので、QC3.0はQC2.1よりも早く充電ができるUSBですよということです。

USB-C(PD3.0)はMacやiPadなどを充電できるところになります。

 

シガーソケット

 GP1200GP1500
シガーソケット1口1口

 

 

 

【GP1200】【GP1500】の充電方法

ここからは、ポータブルバッテリー【GP1200】【GP1500】の充電方法を見ていきます。

 

コンセント充電

ACの充電ケーブルが付属しております。

ACアダプターは、最近では高温になりやすく危ない為、採用していないポータブルバッテリーが増えてきています。今後は無くなっていくといいなというのが印象です。

 GP1200GP1500
コンセントでの入力値120W120W
MAX充電までの時間10時間15時間

 

ゆう
コンセントでも現状、10時間や15時間かかるのはこのポータブルバッテリーのデメリットです!!

 

 

シガーソケット充電

12/24V両方対応しているのでほぼ全ての車に対応できるシガーソケットがあるのが高評価!!

 

ゆう
車で走っているときに充電できるのは最高です!

 

 

ソーラーパネル充電

最後はソーラーパネルでの充電の内容です。

 GP1200GP1500
充電最大まで150W/18V ソーラーパネルで12時間150W/18V ソーラーパネルで16時間
方式MPPTMPPT

※MTTP方式とは、ソーラーパネルで生み出された電力がほとんど衰えることなく【GP1200】【GP1500】に充電される方式のことをいいます!

 

↓MTTPについて詳しく記載している記事はこちら↓

 

以前の製品は大きな電力を生むソーラーパネルでの充電が無理でしたが、現在は可能になったので、販売されるたびに進化していってるのは嬉しいですね。

 

 

 

【GP1200】【GP1500】の大きさ・重さ

次は【GP1200】【GP1500】の大きさや重さになります。

 

メインバッテリーとして使う電気容量1000Wh以上のポータブルバッテリーは重さが10kg超えることは当たり前で、中には20kgこえるものもあります。

 

では他の商品と比べながら見ていきましょう!

品番大きさ重さ持ち運び可否
GP1200385mm(L)
190mm(W)
238mm(H)
14.8kg可能かも?
GP1500480mm(L)
190mm(W)
238mm(H)
19.6kg厳しい
suaoki G1000350mm(L)
315mm(W)
345mm(H)
23kg不可!
suaoki G1200390mm(L)
265mm(W)
530mm(H)
12.6kg可能かも?

 

全体的に持ち運べる大きさではありますが、【PS5B】を持っている私たちから言うと重さ5kgぐらいが持ち運ぶには限界ぐらいの重量だと思います。

10kgを超えてくると、家から車までの距離や、車からキャンプ場までの距離など短距離の移動であれば可能です。

 

ゆう
写真にあるように片手で持つのは両方とも厳しいですが、高性能の割には軽いと判断します!

 

 

【GP1200】【GP1500】の価格

やはりポータブルバッテリーを買う上で一番大事な要素は価格です。

 

【GP1200】と【GP1500】の価格はこちら。

 GP1200GP1500
価格89000円(税込み)125000円(税込み)

 

この価格は適正なのか?それを検証するために他社商品と比べていきます。

比べる方法として、1Whのコストで比較していきましょう!

 

例えば【GP1200】であれば89000円でバッテリー容量が1200Whなので、

89000 ÷ 1200 = 74.2

つまり1Whのコストが74.2円になります。

 

他の商品と表でわけて記載しますので参考にしてみてください!

 価格Wh1Whのコスト
GP120085000120074.2
GP1500126000170074.1
suaoki G10001768001182149.6
suaoki G12001698801200141.6
【EFDELTA】1595001200132.9

 

価格面では【GP1200】【GP1500】が圧倒的に安いのが目につきます!

 

ゆう
この性能でこの価格は本当に安いと思います!

 

 

 

【GP1200】【GP1500】まとめ

【GP1200】のポイント

  • 電池容量は1200Wh
  • 定格1000 瞬間1200
  • コンセント充電で10時間
  • 重さ14.8kg
  • 価格 89000円(税込み)
  • コスパが最強

【GP1500】のポイント

  • 電池容量は1700Wh
  • 定格1500 瞬間3000
  • コンセント充電で15時間
  • 重さ19.6kg
  • 価格125000円(税込み)
  • コスパが最強


【GP1200】【GP1500】の現時点での評価

  • 防災用 (4.0)
  • 車中泊用 (4.0)
  • キャンプ用 (4.0)
  • スペック (4.5)
  • 大きさ・重さ (3.5)
  • 価格 (5.0)
  • ミチトライフ総合評価 (4.0)

 

如何でしたでしょうか?

まとめると【GP1200】と【GP1500】の最大のポイントは価格です。

現在、販売されている1000Wh以上のポータブルバッテリーの中でも高性能でありながらコスパが最強です。

特に【GP1500】に関しては、ドライヤーまで使える高性能です。

 

ゆう
すばらしい!!

 

逆にマイナスポイントな部分もあります。

それは充電にかかる時間です。【GP1500】に関してはコンセントでも満タンになるまで約15時間もかかってしまいます。

大容量なので時間はかかるのは当たり前なのですが、2020年になって【EFDELTA】と言うポータブルバッテリーが、約2時間ぐらいで同容量を充電MAXまでできるので、これからますます競争が厳しくなってくるでしょう!

 

以上、【GP1200】と【GP1500】はコスパ最高の1000Wh超え高性能ポータブルバッテリーだった!車中泊、アウトドア、防災用に買って損なし!の記事でした。

 

その他のポータブルバッテリーの記事はこちらから見ることが出来ます!

1000Wh
【1000Wh以上】の超絶大容量ポータブルバッテリーを徹底比較!2020年の高性能なのは?コスパがいいのは?現在、売れ筋の5商品を比較検証しました!!

続きを見る

EFDELTA
【EFDELTA(イーエフデルタ)】を購入したので、この次世代スーパーポータブル電源を検証してみました。

続きを見る

PS5B
【PS5B】レビュー!suaoki(スオアキ)の中でもコスパ最高ポータブルバッテリーは車中泊、キャンプ、そして防災に必須だった!

続きを見る

G1000
【G1000】は「suaoki(スアオキ)」史上最強のポータブルバッテリー!キャンプや車中泊、そして防災用にもどうなのか?そして2020年には性能的にどうなのか?検証してみました!

続きを見る

G1200
【G1200】爆誕!「suaoki(スアオキ)」のポータブルバッテリーの中でも一番の大容量!快適に車中泊・キャンプができ、さらに防災面にも役に立つ!?

続きを見る

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
ゆう

ゆう

バンライフとキャンプを愛する夫婦【ミチトライフ】の夫「ゆう」です。 趣味は筋トレ。ビール大好きのアラフォーです。 ブラック企業で鬱になりかけ退職。その後スポーツインストラクターを経て、海外へ留学。帰国後会社員になりました。 道なき未知に挑戦するために夫婦でバンライフを開始し、リモートワークを実現するために日々勉強中。どうぞよろしくお願いいたします。

よく読まれている記事

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10

-車中泊用品, 車中泊&キャンプ用品
-

Copyright© ミチトライフ , 2020 All Rights Reserved.